ロシアがLinkedInを遮断、中国と協力してオンライン・コンテンツの管理強化か

2016/12/06 18:05

 2016年11月、ロシア国内でLinkedIn(ビジネス特化型SNS)へのアクセスが遮断された。これは物議を醸している “個人データ保護法”が初めて適用された例で、更にはロシアが中国と協力してインターネット・フィルタリングの新たなシステム作りをしているとの最新の報告もあり、 ロシア政府が国内のオンライン・コンテンツの管理強化を進めるべく急激に方針をシフトさせているのではないかと見られている。

あわせて読みたい

  • 津田大介「世界中のネットが『中国化』する日」
    筆者の顔写真

    津田大介

    津田大介「世界中のネットが『中国化』する日」

    週刊朝日

    3/29

    ロシア政府が導入する次世代の仮想通貨とは?

    ロシア政府が導入する次世代の仮想通貨とは?

    AERA

    2/7

  • 世界を巻き込む「SNS情報戦」 「感情に訴える」ウクライナvs.「陰謀論」のロシア

    世界を巻き込む「SNS情報戦」 「感情に訴える」ウクライナvs.「陰謀論」のロシア

    AERA

    4/6

    日本の防衛力強化、核共有よりすべきは「中国の政策を変えること」専門家が指摘

    日本の防衛力強化、核共有よりすべきは「中国の政策を変えること」専門家が指摘

    AERA

    5/27

  • 津田大介「ロシアで進むネットやメディア規制」
    筆者の顔写真

    津田大介

    津田大介「ロシアで進むネットやメディア規制」

    週刊朝日

    3/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す