マルコメ君がDJ MARUKOMEとして初登場&初プレイ! “味噌汁のDJミキサー”お披露目 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

マルコメ君がDJ MARUKOMEとして初登場&初プレイ! “味噌汁のDJミキサー”お披露目

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
マルコメ君がDJ MARUKOMEとして初登場&初プレイ! “味噌汁のDJミキサー”お披露目

マルコメ君がDJ MARUKOMEとして初登場&初プレイ! “味噌汁のDJミキサー”お披露目

 マルコメ・イメージキャラクターのマルコメ君が、音楽を自在に操るDJアーティスト・DJ MARUKOMEとして活動を開始した。

DJ MARUKOME 画像一覧


<DJ MARUKOMEと特設ブース・DJ MARUKOMEの部屋>


 DJ MARUKOMEは、11月26日、27日に東京体育館で開催された【MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL 2016 in TOKYO】のメインアリーナ中央にあるYAGURA STAGE(やぐらステージ)で、集まった大勢のギャラリーを前にデビューを飾り、そこで、アーティスト活動のテーマである「和と洋の融合」を全身でアピールした。


 また、会場には特設ブース「DJ MARUKOMEの部屋」を設置。ターンテーブルをはじめ、愛用の機材も公開され「WATER(水)」や「DAIZU(大豆)」、「KOJI(糀)」、「SALT(塩)」のレベル調整機能、さらに「Tofu(豆腐)」や「Daikon(大根)」、「Negi(葱)」などの材料スイッチを備えたDJミキサーは、特に注目を集める。和と洋の文化、そして味噌汁をこよなく愛するDJ MARUKOMEの世界観が肌を通して伝わってくるスペースでは、多くの来場者が笑顔で記念撮影を行っていた。


<DJ MARUKOMEのデビューステージ>


 YAGURA STAGEの壇上に登場したDJ MARUKOMEは、大きなアクションをまじえて、まず大勢のギャラリーにあいさつ。ミュージックスタートのポーズをきっかけに会場を響かせた曲は、誰もが知っている「あのリズム」。DJ MARUKOMEの軽やかな動きに合わせ、身体でリズムを刻むギャラリーの多くが、笑顔で「マルコメマルコメ」と口ずさんだ。


 DJアレンジされたマルコメのテーマは、和太鼓演奏とのコラボレーションにより盛り上がりも最高潮に。披露したのはわずか1曲だったが、DJ MARUKOMEの名を世に知らしめるデビューとなった。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい