チェット・ベイカーによる1983年の伝説的ライブが蘇る!公認のレストア&リマスター作品が発売 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

チェット・ベイカーによる1983年の伝説的ライブが蘇る!公認のレストア&リマスター作品が発売

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
チェット・ベイカーによる1983年の伝説的ライブが蘇る!公認のレストア&リマスター作品が発売

チェット・ベイカーによる1983年の伝説的ライブが蘇る!公認のレストア&リマスター作品が発売

 チェット・ベイカーによる1983年の伝説のライブがCD2枚組の『ライヴ・イン・ロンドン』として2016年11月2日にリリースされる。


 1983年3月28日~4月2日の6日間、伝説のトランペット奏者、チェット・ベイカーが、ジョン・ホーラー・トリオをリズム・セクションに迎え、英ロンドンのThe Canteenで行ったライブを最高品質でレストア&リマスターした『ライヴ・イン・ロンドン』。


 当時、べーシストのジム・リチャードソンは、個人的な使用目的でショーをレコーディングしてもよいか、とチェット・ベイカーにたずねていた。ベイカーは了承し、ジムはSONY TCS 300(オーディオカセット・レコーダー)でショーの大半をレコーディングしたのだ。


 ジム・リチャードソンは長年にわたり、こうしてレコーディングした音源を様々な人たちに聴かせていたが、聴いた人たちは皆、これを何とかリリースするようにとジムに進言した。しかし、ジムと<Ubuntu Music>のマーティン・ヒュンメルがロニー・スコット・イヴニングで出会うまでの33年間、それが実現することはなかった。ジムのリリースに向けての熱意はマーティンの興味を引き、最終的に2人は<Ubuntu Music>よりアルバムをリリースする了承をザ・チェット・ベイカー・エステートより獲得し、今回リリースに至った。


◎『ライヴ・イン・ロンドン』トラックリスト
[CD 1]
1. Have You Met Miss Jones?
2. Beatrice
3. For Minors Only
4. The Touch Of Your Lips
5. Margarine


[CD 2]
1. With A Song In My Heart
2. Leaving
3. I Remember You
4. My Funny Valentine
5. I'll Remember April


パーソネル
チェット・ベイカー(Trumpet & Vocals)
ジョン・ホーラー(Piano)
ジム・リチャードソン(Bass)
トニー・マン(Drums)


◎リリース情報
『ライヴ・イン・ロンドン』
チェット・ベイカー
2016/11/2 RELEASE


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい