星野源 ビルボードアルバムセールスチャートにて首位獲得 紅白出場組が上位を賑わす 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

星野源 ビルボードアルバムセールスチャートにて首位獲得 紅白出場組が上位を賑わす

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
星野源 ビルボードアルバムセールスチャートにて首位獲得 紅白出場組が上位を賑わす

星野源 ビルボードアルバムセールスチャートにて首位獲得 紅白出場組が上位を賑わす

 12月14日付のBillboard JAPAN週間セールスアルバムチャート“Top Albums Sales”にて、星野源の4thアルバム『YELLOW DANCER』が首位を獲得した。


 今作は、約2年7か月ぶりのオリジナルアルバムとなっており、様々なチャートを賑わした大ヒットシングル曲「SUN」に加え、フジテレビ『めざましどようび』テーマソング「Week End」などが収録されている。先ヨミ記事(http://bit.ly/1IR7x8p)での勢いのまま独走し、楽々の1位獲得となった。


 以下のチャートでは、前作より順位を1つあげ、氷川きよしの『新・演歌名曲コレクション2-愛しのテキーロ/男花-』が2位に。3位には、内田真礼の1stアルバム『PENKI』がチャートインしている。4位は、4週連続トップ5入りとなった西野カナ『Secret Collection~GREEN~』、5位は、AKB48『0と1の間』という結果になった。


 なお、本チャートTOP5中4アーティストが『第66回NHK紅白歌合戦』への出場が決まっている。




◎Billboard JAPAN週間セールスアルバムチャート“Top Albums Sales”
(2015年12月14日付)
1位.星野源『YELLOW DANCER』
2位.氷川きよし『新・演歌名曲コレクション2-愛しのテキーロ/男花-』
3位.内田真礼『PENKI』
4位.西野カナ『Secret Collection~GREEN~』
5位.AKB48『0と1の間』


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい