第1位はサラ・オレインのニュー・アルバム『f(エフ)』、浅田真央選手使用曲のコンピアルバムが第3位 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第1位はサラ・オレインのニュー・アルバム『f(エフ)』、浅田真央選手使用曲のコンピアルバムが第3位

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
第1位はサラ・オレインのニュー・アルバム『f(エフ)』、浅田真央選手使用曲のコンピアルバムが第3位

第1位はサラ・オレインのニュー・アルバム『f(エフ)』、浅田真央選手使用曲のコンピアルバムが第3位

 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albums第1位は、サラ・オレインのサードアルバム『f(エフ)』がチャートイン。ヴォーカリスト、ヴァイオリニスト、作詞・作曲家、アレンジャーとして多彩な顔を持つサラ・オレインの多面性を発揮したアルバムとなっており、タイトルの“f”がそのキーワードとなっている。ヴァイオリン曲も収録。初回限定版には豪華写真集が封入されている。2016年1月21日からはアルバムリリースを記念したコンサートツアーが予定されている。


 第2位は清塚信也のピアノ・ソロ・アルバム『あなたのためのサウンドトラック』で、今週で5週連続のチャートインとなった。10月16日より開始されたTBS系金曜ドラマ『コウノドリ』より「Baby,God Bless You」、公開中の映画『ポプラの秋』メインテーマ曲など、自らのオリジナル曲のピアノソロ版の新録音や、映画、ドラマ、オペラ、ミュージカルの名曲カヴァーも収録。テレビ、ラジオ、雑誌、WEBなどメディアへの出演や掲載が増えている。


 第3位には『浅田真央スケーティング・ミュージック2015-16』がチャートインした。フィギュア・スケートのプログラム使用曲として発表されている「素敵なあなた」(ショートプログラム)、「蝶々夫人」(フリー)、「踊るリッツの夜」(エキシビション)などを収録したコンピレーションアルバムとなっている。浅田真央選手は11月末のNHK杯で1年間の休養から復帰し、総合3位に。12月初旬にスペイン・バルセロナで行なわれるGPファイナルに、2年ぶり7度目の出場を決め、これからますます注目を集めそうだ。


text:yokano


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい