アヴリル・ラヴィーン、破局したチャド・クルーガーと“全てが始まった場所”へ戻る 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

アヴリル・ラヴィーン、破局したチャド・クルーガーと“全てが始まった場所”へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
アヴリル・ラヴィーン、破局したチャド・クルーガーと“全てが始まった場所”へ戻る

アヴリル・ラヴィーン、破局したチャド・クルーガーと“全てが始まった場所”へ戻る

 先月、チャド・クルーガーとの2年間の結婚生活に終止符を打ったことを明かしたアヴリル・ラヴィーンだが、2人の音楽上の関係は依然として強固なもののようだ。ラヴィーンが10月3日にインスタグラムへ掲載した写真によると、2013年7月に結婚した元夫婦は現在、一緒にスタジオ入りしているという。


 カウガール・ハットに裸足といった出で立ちの自身の写真とともに、「ヤッホー! 今日はチャドと曲作りよ」と綴るラヴィーン。その後、「全てが始まった場所に戻ったわ」とのキャプションを付け、ギターを抱えたニッケルバックのフロントマン、チャド・クルーガーの写真を公開した。


 2人は以前にも「Let Me Go」という曲をレコーディングし、2013年にリリースしている。


 ラヴィーンは2人の別れについて発表した際、「心が重たいけど、チャドと私は今日ここに別れることを発表します。結婚生活だけでなく、音楽を通しても私たちは忘れられないひと時をたくさん創ってきました。私たちは今も、そしてこれからもずっと一番の親友であり、お互いを深く気付かっていくことでしょう。家族や友達、そしてファンのみんなからのサポートに心から感謝します」と綴っていた。


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい