サントリー【サマーフェスティバル2015】開催 ツィンマーマン、ハインツ・ホリガー、芥川作曲賞 他

2015/09/08 13:45

 サントリー芸術財団が主催する【サマーフェスティバル2015】が、8月22日から30日まで、東京・サントリーホールにて開催された。1987年の初回開催以来同時代の音楽を中心に紹介してきたシリーズ・コンサートだ。

 サントリーという、誰もが知る大企業が、何故ここまで現代の音楽家、特に作曲家に対して深い思い入れを持ち、長い年月フェスティバルを開催してきたのだろうかと不思議に思う向きもあるかもしれない。創業者の鳥井信治郎は、赤玉やウイスキーもクラシック音楽と同様に外国から伝えられたもので、その性質において一脈通じると思ったという。日本ならではの洋酒を作り日本人に飲んでもらいたかったサントリーが、日本人の作る西洋音楽を聴いて欲しいという作曲家・芥川也寸志の思いと共鳴した。その縁から長きにわたり、日本の現代作曲家を支える力となっている。

 今回ひとつの見所となっていたのは、音楽学者の長木誠司氏を迎え企画された、「声」をテーマにした2つの作品である。総勢200名という巨大な編成で演奏されるツィンマーマンの「ある若き詩人のためのレクイエム」は、大野和士の指揮による日本初演、シュトックハウゼンの「シュティムング」は1970年大阪万博以来の再演である。「声」という原始的なメディアの多義的な音響、抑揚、意味性、そして言葉や言語そのものに至るまで多くの示唆を聴衆に与える、希有な体験を伴った公演となった。

あわせて読みたい

  • サントリー芸術財団【サマーフェスティバル2015】開催間近 ツィンマーマン「レクイエム」日本初演、等

    サントリー芸術財団【サマーフェスティバル2015】開催間近 ツィンマーマン「レクイエム」日本初演、等

    Billboard JAPAN

    8/17

    諏訪内晶子が芸術監督をつとめる「国際音楽祭NIPPON」第5回が2017年開催、藤倉大の委嘱作品も

    諏訪内晶子が芸術監督をつとめる「国際音楽祭NIPPON」第5回が2017年開催、藤倉大の委嘱作品も

    Billboard JAPAN

    1/4

  • 作曲家・藤倉大が【ヴェネツィア・ビエンナーレ】の音楽部門で銀獅子賞を受賞

    作曲家・藤倉大が【ヴェネツィア・ビエンナーレ】の音楽部門で銀獅子賞を受賞

    Billboard JAPAN

    4/7

    【Hakujuギター・フェスタ2015 VIVA! エスパーニャ2】開催 荘村清志、福田進一、沖仁など

    【Hakujuギター・フェスタ2015 VIVA! エスパーニャ2】開催 荘村清志、福田進一、沖仁など

    Billboard JAPAN

    9/4

  • hideの作品がオーケストラによって蘇る『LEGEND SYMPHONY』5月開催、酒井健治によるhideオマージュ曲の世界初演も

    hideの作品がオーケストラによって蘇る『LEGEND SYMPHONY』5月開催、酒井健治によるhideオマージュ曲の世界初演も

    Billboard JAPAN

    12/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す