ジャンキーXLが担当した『マッドマックス 怒りのデス・ロード』サントラが6/24リリース 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ジャンキーXLが担当した『マッドマックス 怒りのデス・ロード』サントラが6/24リリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ジャンキーXLが担当した『マッドマックス 怒りのデス・ロード』サントラが6/24リリース

ジャンキーXLが担当した『マッドマックス 怒りのデス・ロード』サントラが6/24リリース

 30年ぶりのシリーズ最新作として6月20日に公開されヒット中の映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』。その国内盤サウンドトラックが明日6月24日にリリースされる。


 これまでに、初作および『2』ではクイーンのブライアン・メイが、『3』ではモーリス・ジャール(『ゴースト/ニューヨークの幻』等)が、それぞれサウンドトラックを担当してきた『マッドマックス』シリーズ。『怒りのデス・ロード』で、そんな“MADサウンド”の最新形をシリーズの創始者ジョージ・ミラー監督から託されたのは、ジャンキーXLとしても知られているトム・ホーケンバーグだ。


 ホーケンバーグは1990年代、ジャンキーXLとしてオランダから登場。近年では映画音楽の世界にも進出し、『インセプション』『ダークナイト』『マン・オブ・スティール』等で作曲家のハンス・ジマーの片腕として作品に参加。2014年には、自身の名義で『300<スリーハンドレッド>~帝国の進撃~』 のスコアを担当し成功を収めた。また、同スコアは『マッドマックス』最新作には、エンジン音などの効果音だけで充分でスコアは不要だと考えていたミラー監督の意向も変えさせたと言われている。


 そんなサウンドトラックはインダストリアル・ロック出身でフィルム・コンポーザーとしても勢いに乗るホーケンバーグの個性が発揮されたもの。ギターにはヤー・ヤー・ヤーズのニック・ジナーの名前がクレジットされていることも話題になっている。


◎リリース情報
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』オリジナル・サウンドトラック
2015/06/24 RELEASE
音楽:トム・ホーケンバーグ(ジャンキーXL)
SICP-4478 2,400円(tax out.)


<収録曲>
01. サバイブ
02. エスケイプ
03. イモータンズ・シタデル
04. ブラッド・バッグ
05. スパイキー・カーズ
06. ストーム・イズ・カミング
07. ウィ・アーノット・シングス
08. ウォーター
09. ザ・リグ
10. ブラザーズ・イン・アームズ
11. ザ・ボグ
12. リデンプション
13. メニー・マザーズ
14. クロウ・トラックス
15. チャプター・ドーフ
16. マイ・ネーム・イズ・マックス
17. レット・ゼム・アップ


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい