クリス・ブラウン主催パーティで銃撃事件。代理人は関与を否定 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

クリス・ブラウン主催パーティで銃撃事件。代理人は関与を否定

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
クリス・ブラウン主催パーティで銃撃事件。代理人は関与を否定

クリス・ブラウン主催パーティで銃撃事件。代理人は関与を否定

 カリフォルニア州ウェスト・ハリウッドにあるナイトクラブ“1 OAK”で行われたクリス・ブラウン主催のイベントで、現地時間8月24日 早朝に銃撃事件が発生。ブラウンは代理人を通じて関与を否定すると共に、引き続き警察への協力を約束した。


 代理人はビルボードに対し、「クリスは昨夜(8月23日の深夜)ロサンゼルスにて、リリース間近のアルバム『X』を祝うイベントに出席しており、事件はその間に起きた。クリスは単に同イベントのホストを務めていただけで、事件には関係ない。彼はこれまで同様、今後も捜査に協力していく」と話している。


 被害に遭ったのは、デス・ロウ・レコードの設立者であるシュグ・ナイトで、現在は治療を受けて落ち着いた状態だという。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい