6月に出所したクリス・ブラウン、その後の経過は? 裁判官が報告 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

6月に出所したクリス・ブラウン、その後の経過は? 裁判官が報告

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
6月に出所したクリス・ブラウン、その後の経過は? 裁判官が報告

6月に出所したクリス・ブラウン、その後の経過は? 裁判官が報告

 裁判官の話によると、クリス・ブラウンは6月に釈放されて以来、保護観察中のルールをきちんと守り、問題なく過ごしているようだ。同グラミー賞R&Bシンガーは8月13日、経過報告のためロサンゼルス裁判所に出廷した。


 ジェームス・ブランドリン裁判官は、薬物テストの条件を週3回から2回へ引き下げると共に、ブラウンが保護観察官に良く従い、セラピストに協力していることを報告した。


 保護観察部門は彼のコミュニティ労働を週3回から4回にするよう求めたものの、ブランドリン裁判官はこの要求を棄却している。


 2009年の【グラミー賞】の前に、当時ガールフレンドだったポップシンガーのリアーナに暴行を加え、執行猶予中の身だったブラウンだが、昨年、ワシントンD.C.のホテルの外で喧嘩騒動に加担し、今年3月中旬から6月初旬まで刑務所に入っていた。


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい