BUMP OF CHICKEN 5万人来場の東京ドームで初音ミクと共演 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

BUMP OF CHICKEN 5万人来場の東京ドームで初音ミクと共演

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
BUMP OF CHICKEN 5万人来場の東京ドームで初音ミクと共演

BUMP OF CHICKEN 5万人来場の東京ドームで初音ミクと共演

 7月31日 BUMP OF CHICKENが、東京ドームで全国ツアー【WILLPOLIS 2014】の最終公演を開催した。

BUMP OF CHICKEN その他のライブ写真など


 約4か月に及ぶ全国ツアーのファイナルに設定されたこの日の公演ではスペシャルな演出が随所に盛り込まれ、開演前にはサイドスクリーンに来場したファンの写真を投影。SEの「ボレロ」に続き上映された映画監督 山崎貴によるオープニング映像は、当日限りのバージョンが使用され、架空都市 WILLPOLISの上空を超えて東京ドームの中に光のかけらが舞い込むというドラマチックなエンディングで、5万人を“WILLPOLIS”の世界へと誘った。


 ライブ本編では、テンションの高いメンバーが大観衆をリードし、直井由文(b)が「ごめん! ここでMCするはずじゃなかったんだけど言わせて! 次の曲は一緒に歌おうぜ!」と叫んで始まった「虹を待つ人」では、演奏中に藤原基央(vo, g)も「遊ぼうぜ東京ドーム!」とシャウト。それを受け5万人の大合唱はさらに大きくなり、ドーム全体をふるわせていく。


 また、『FINAL FANTASY 零式』のテーマソングを飾った「ゼロ」では、ゲームの登場キャラクターが。「Smile」では写真家 蜷川実花×フラワーアーティスト 東信による生き生きとした草花の映像が流され、楽曲の世界観を後押し。さらに「ray」のイントロが聴こえ始めると、メインスクリーン前方に現れたダイヤモンド型のオブジェクトに初音ミクが登場。大歓声に包まれる中、異色のコラボレーションとして話題を呼んだBUMP OF CHICKEN feat. HATSUNE MIKU「ray」を、5万人の前で実演した。


 本編終盤の「ガラスのブルース」を演奏した後には、藤原が「【WILLPOLIS 2014】はいつもこの「ガラスのブルース」が最後の曲だったんだけど、今日は新曲やってもいいですか」と告げ、「あー、やっと(みんなの前で)歌える」と嬉しそうにつぶやき、ツアー中に書き上げた新曲「You were here」を披露。優しくあたたかなファルセットの歌声と、丸みのあるサウンドスケープが特徴的な同曲は、ライブに対するリアルな想いや、その空間を一緒に創り上げてくれているオーディエンスに対しての想いが込められており、【WILLPOLIS 2014】を経て、新たな地平を見つめるバンドの姿が生き生きと描かれた瞬間となった。


 なお、「You were here」は本日8月1日より配信限定シングルとしてリリース。YouTubeではライブでの楽曲演奏時、メインスクリーンに流れていたMVのショートバージョンも公開中だ。


 Photo by 古渓一道




◎配信「You were here」
2014/08/01 RELEASE
※レコチョク、iTunes他にてリリース


◎YouTube動画
・BUMP OF CHICKEN「You were here」ショートバージョン
http://youtu.be/w1viOCSA7-8


・BUMP OF CHICKEN feat. HATSUNE MIKU「ray」
http://youtu.be/yT_ylSCgY6Q


◎【BUMP OF CHICKEN TOUR 「WILLPOLIS 2014」 FINAL】
2014/07/31(木) at 東京ドーム
セットリスト:
01.Stage of the ground
02.firefly
03.虹を待つ人
04.サザンクロス
05.(please) forgive
06.ゼロ
07.Smile
08.宇宙飛行士への手紙
09.銀河鉄道
10.歩く幽霊
11.ray
12.トーチ
13.white note
14.天体観測
15.ガラスのブルース
16.You were here


En1.ダイヤモンド
En2.メーデー


WEn1.DANNY


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい