90年代に活躍したあのラッパーが脱税の罪を認める 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

90年代に活躍したあのラッパーが脱税の罪を認める

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

 1990年代のヒップ・ホップ・グループ、サード・ベースのラッパーが、ニューヨーク州オールバニ郡裁判所にて所得税未納の罪を認めた。


 ステージでは“プライム・ミニスター・ピート・ナイス(ピート・ナイス首相)”を名乗っていたクリフトン・パーク在住のピーター・ナッシュは、1989年から1991年の間にサード・ベースとして3枚のアルバムをリリース。そのうち2枚でゴールド・ディスクを獲得し、「ポップ・ゴーズ・ザ・ウィーズル!」は米ビルボードのラップ・チャートでNo.1をマークするヒットとなった。


 オールバニ郡検察局の話によれば、ナッシュは2009年、2010年、2011年の税金を支払っておらず、追徴課税をはじめ、罰金および利息を含む1万3,101ドル(約133万円)を州に支払わなければならないとのこと。また、3年間の保護観察が課せられるという。


 オールバニ・タイムス・ユニオン紙によると、ナッシュは軽犯罪にあたる脱税罪を認めているとのことで、判決は8月26日に下されるそうだ。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい