ライオネル・リッチー 【BETアワード】で功労賞授与 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ライオネル・リッチー 【BETアワード】で功労賞授与

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ライオネル・リッチー 【BETアワード】で功労賞授与

ライオネル・リッチー 【BETアワード】で功労賞授与

 【BETアワード】にてライオネル・リッチーが生涯功労賞(Lifetime Acheivement award)を受賞した。


 式典ではリッチーのキャリアを紹介する映像で、その功績を称えたファレルに続き、ジョン・レジェンドがメドレーで「ハロー」と「スティル」をパフォーマンス。続いてレデシーがコモドアーズのヒット曲「ブリック・ハウス」、そして最後にヨランダ・アダムスが「ジーザス・イズ・ラブ」を熱唱し、偉大なシンガーに敬意を表していく。


 生涯功労賞を授与されたリッチーは、「僕がこの歌(「ジーザス・イズ・ラブ」)を最初に歌っておいてよかった。そうでなければ僕はここまで来られなかっただろう。それほど最高に素晴らしかった」「みんな最高のパフォーマンスだった」と賞賛。


 また、ソウルはカラーではなくフィーリングであり、才能はカテゴリーではなく神から与えられた贈り物であると続け、形に捉われることのない自由な発想は、真の才能が息をし、成長し生き永らえる魔法の場所であると述べ、「このビジネスに関わる以上、みんながそれをあきらめないように」とエールをおくり、コモドアーズやモータウン創業者のベリー・ゴーディーらへの謝辞を伝えた。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい