【トニー賞】7部門ノミネートのミュージカルに豪華スター達が集結 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【トニー賞】7部門ノミネートのミュージカルに豪華スター達が集結

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

 今年の【トニー賞】にノミネートされた新しいミュージカル『アフター・ミッドナイト(After Midnight)』に、豪華なポップ・スター達が出演することが明らかになった。


 ブロードウェイのコットンクラブにおけるデューク・エリントンの日々をたたえた同ミュージカル。プロデューサー陣は、パティ・ラベル、グラディス・ナイト、ナタリー・コールが特別ゲスト・スターとしてこの夏、交代で出演することを発表している。


 ブルックス・アトキンソン劇場にて、ラベルは6月10日~29日、ナイトは7月8日~8月3日、コールは8月5日~31日に出演し、「愛がすべて」、「ストーミー・ウェザー」、「明るい表通りで」、「ザズ・ズ・ザズ」などの曲をそれぞれの方法で披露するという。


 4月29日に【トニー賞】のノミネート作品が発表され、同ミュージカルは最優秀ミュージカル賞を含む7部門にノミネートされた。


 なお、ミュージカル『アフター・ミッドナイト』には他にも、ファンタジア・バリーノ、トニ・ブラクストン、ケニー・“ベイビーフェイス”・エドモンズ、ヴァネッサ・ウィリアムス、k.d.ラングなどが出演する。


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい