アンドレ3000演じるジミ・ヘンドリックス、映画の映像公開 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

アンドレ3000演じるジミ・ヘンドリックス、映画の映像公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
アンドレ3000演じるジミ・ヘンドリックス、映画の映像公開

アンドレ3000演じるジミ・ヘンドリックス、映画の映像公開

 アウトキャストのアンドレ・ベンジャミン(アンドレ3000)が主演するジミ・ヘンドリックスの伝記映画『オール・イズ・バイ・マイ・サイド(All Is By My Side)』の映像(First Look At Andre Benjamin as Jimi Hendrix in 'All is By My Side' clip)が、【サウス・バイ・サウスウエスト(SXSW)】での上映に先立ちインターネット上で公開された。ハリウッド・リポーターが伝えている。


 同ビデオには、ベンジャミン演じるヘンドリックスがキース・リチャーズのガールフレンドだった(イモージェン・プーツ演じる)リンダ・キースといちゃつくシーンが映し出されている。彼女はこの2人のギタリストにインスピレーションを与え、いくつか曲を書かせた人物だ。また、ヘンドリックスとリンダはモントレー(ポップ・フェスティバル)に行くことについても話しており、ヘンドリックスがサイモン&ガーファンクルやオーティス・レディング、ジャニス・ジョプリンなど、そのラインナップに驚く様子が見られる。


 『それでも夜は明ける(12 Years a Slave)』の脚本家、ジョン・リドリーが脚本および監督を務めている同映画は、【トロント国際映画祭】でプレミア上映された。全米公開日はまだ決まっていないものの、オープン・ロードが同映画の配給を行なうという。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい