ジャーニー、フィリピン台風被災地支援でおよそ3,500万円を寄付

2013/11/18 18:45

 ジャーニーがフィリピンへの救援活動支援金として35万ドル(約3,500万円)を寄付した。バンドのリード・シンガーで同国出身のアーネル・ピネダは、故郷へ“Don't Stop Believin'(信じることをやめないで)”とのメッセージを送った。

あわせて読みたい

  • フィリピン台風被害、日本ユニセフとチャイルド・ファンド・ジャパンが支援呼びかけ

    フィリピン台風被害、日本ユニセフとチャイルド・ファンド・ジャパンが支援呼びかけ

    トラベルボイス

    11/13

    ANA、台風被害の伊豆大島とフィリピンを支援、輸送協力やマイル寄付など

    ANA、台風被害の伊豆大島とフィリピンを支援、輸送協力やマイル寄付など

    トラベルボイス

    11/18

  • リンキン・パークとオフスプリングがフィリピン救済のためタッグ

    リンキン・パークとオフスプリングがフィリピン救済のためタッグ

    Billboard JAPAN

    12/13

    フィリピン台風被害の救援募金、米iTunesストアで受付開始

    フィリピン台風被害の救援募金、米iTunesストアで受付開始

    Billboard JAPAN

    11/14

  • 災害支援30年…“ボランティアおばちゃん”が指南する「超実践的支援活動」

    災害支援30年…“ボランティアおばちゃん”が指南する「超実践的支援活動」

    dot.

    5/14

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す