『黒子のバスケ』OPでGRANRODEOがアニメチャート初の首位 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『黒子のバスケ』OPでGRANRODEOがアニメチャート初の首位

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『黒子のバスケ』OPでGRANRODEOがアニメチャート初の首位

『黒子のバスケ』OPでGRANRODEOがアニメチャート初の首位

 大人気アニメ『黒子のバスケ』のオープニングテーマに起用されたGRANRODEO「The Other self」が今週のBillboard JAPAN Hot Animationで初登場首位を獲得した。


 2012年に第1シーズンが放送されると、主題歌をはじめとする関連楽曲が次々とチャートイン。キャラクターソングシリーズでは緑間真太郎(小野大輔)、高尾和成(鈴木達央)でリリースした「とある信者の果敢な毎日」が2012年10月18日付チャートで首位を獲得するなど各方面で大ヒットした本番組。その第2シーズンとして今回も前期に続きGRANRODEOがオープニングテーマを担当。様々な作品で主題歌を担当してきた彼らにとって、「The Other self」がアニメチャートで初の首位獲得作品となった。エンディングテーマも引き続きOLDCODEXが担当し、11月13日にリリースされる。


 先週1位に初登場した『ログ・ホライズン』オープニングテーマ、MAN WITH A MISSION「database feat.TAKUMA(10-FEET)」は順位を1つ落としたものの好位置をキープ。そして先週6位から3位に上昇したのは強力タッグの第2弾、水樹奈々 × T.M.Revolutionによる「革命デュアリズム」。今回も『革命機ヴァルヴレイヴ』のオープニングテーマとして起用。パッケージは本日10月23日リリースで、次週のチャートで首位が期待される。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい