源氏物語図屏風を高精細に複製 キヤノン 綴つづりプロジェクト 〈アサヒカメラ〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

源氏物語図屏風を高精細に複製 キヤノン 綴つづりプロジェクト

キヤノン × 京都文化協会 複製品の活用でオリジナル文化財を護る

このエントリーをはてなブックマークに追加

「綴つづりプロジェクト」にて生み出された、土佐光吉筆「源氏物語図屏風」の複製品イメージ

「綴つづりプロジェクト」にて生み出された、土佐光吉筆「源氏物語図屏風」の複製品イメージ

 キヤノンは、特定非営利活動法人 京都文化協会(以下 京都文化協会)と共同で取り組んでいる文化財未来継承プロジェクト(通称:「綴つづりプロジェクト」において、米国メトロポリタン美術館が所蔵する土佐光吉筆「源氏物語図屏風」の複製品を京都平等院へ寄贈したと発表した。

 「綴つづりプロジェクト」は、オリジナル文化財の保存を目的として、高精細複製品の活用する社会貢献活動。これまでも『雲龍図』や『洛中洛外図屏風』の複製も制作されている。そして今回、第9期の作品として「源氏物語図屏風」4曲1双の高精細な複製品を制作。2016年3月18日に京都宇治の平等院へ寄贈した。

 同プロジェクトで生み出される作品は、デジタル一眼レフカメラEOSシリーズで撮影した高解像度なデータを基に、オリジナルの色合いに近づける画像処理(色再現)を経て、高精細プリントを行う。

 そして、この後の行程がポイントとなっており、伝統工芸士による金箔・金泥の再現をはじめ、経年変化による風合いも再現。さらにオリジナルの近い姿にするために表具師の手で表装して仕上げるという。

 なお、今回寄贈された「源氏物語図屏風」の複製品は、4月24日まで平等院ミュージアム鳳翔館にて特別公開されている。スケジュールは以下の通り。

公開期間:2016年3月18日(金)~4月24日(日)
公開時間:9時~17時(16時45分 受付終了)
会場:平等院ミュージアム鳳翔館 1 階レファレンスルーム


綴つづりプロジェクトの関連記事はこちら
https://dot.asahi.com/asahicameranet/info/topics/2015110500060.html


トップにもどる

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい