「星の片隅」で見つけた被写体たち 浅井愼平の鋭敏な感覚 〈アサヒカメラ〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「星の片隅」で見つけた被写体たち 浅井愼平の鋭敏な感覚

このエントリーをはてなブックマークに追加
アサヒカメラ
沖縄 北谷  2012年(C)Shimpei Asai

沖縄 北谷 2012年(C)Shimpei Asai

アメリカ・テキサス ダラス  2012年(C)Shimpei Asai

アメリカ・テキサス ダラス 2012年(C)Shimpei Asai

アメリカ・テキサス オースティン 2012年(C)Shimpei Asai

アメリカ・テキサス オースティン 2012年(C)Shimpei Asai

早稲田 2009年(C)Shimpei Asai“時代に応えた写真家たち~THROUGH THE EYES OF TIME~”の一環で、2013年5月31~6月5日にキャノンギャラリー銀座で開催された、浅井愼平「東京暮色‐「早稲田界隈」より

早稲田 2009年(C)Shimpei Asai
“時代に応えた写真家たち~THROUGH THE EYES OF TIME~”の一環で、2013年5月31~6月5日にキャノンギャラリー銀座で開催された、浅井愼平「東京暮色‐「早稲田界隈」より

 「キヤノンギャラリーS 10周年記念展」と題された写真イベントが年間で開催されている。その第2部の“時代に応えた写真家たち”~THROUGH THE EYES OF TIME~に含まれる、浅井愼平の写真展「SHIMPEI'S GEOGRAPHIC 2011-2013 HOBO 星の片隅」が、7月1日まで東京・品川のキヤノンギャラリーSで開催されている。

 かつて浅井は、世界各地への旅で出会ったさまざまものをカメラで記憶していった。その写真に、米語で“渡り歩くもの”という意味の「HOBO」と名づけた。そこには必ずしもドラマチックなものが写っているわけではない。浅井が見つけなければ、もしかすると誰の目にも触れることがなかったかもしれないような、ささやかなものたちの味わいが写し出されている。

 写真集『SHIMPEI'S GEOGRAPHIC 1964-1997 HOBO』は、1997年に発表されているが、今回発表されたシリーズは、その今日版と見ることもできるだろう。浅井は2011年から3年間、カナダ、アメリカ、ニュージーランド、そして沖縄を旅した。そこに出会った普段なら見過ごされがちな、「星の片隅」にあるような被写体たちが、浅井の鋭敏な感覚によって写真となり集められている。約80点を展示。


■SHINPEI'S GEOGRAPHIC 2011-2013 HOBO  星の片隅
開場名:キヤノンギャラリーS
開催期間:2013年5月30日~7月1日
住所:東京都港区港南2-16-6 キヤノンSタワー1F
営業時間:10時~17時30分
休館日:日祝
TEL:03-6719-9021
最寄り駅:品川
※詳細はこちらへ


トップにもどる

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい