メイン画像
メイン画像
この記事の写真をすべて見る

北陸地方では17日夜から18日にかけて暴風雪や大雪、高波に警戒が必要です。平地も積雪となり、山沿いでは19日にかけて1メートルを超える雪が降る所もあるでしょう。ムリな遠出は控えた方がよさそうです。

17日夜から冬型強まる 暴風雪や高波、大雪に警戒

画像A
画像A

きょう17日(金)の夜から日本付近は冬型の気圧配置が強まり、北陸地方の上空5000メートル付近には大雪の目安となるマイナス36度の非常に強い寒気が流れ込む見込みです。

このため今夜は雨が次第に雪に変わり、平地も含めて積雪となるでしょう。山沿いではまとまった雪が降り、19日(日)にかけて1メートルを超える降雪も予想されています。警報級の大雪となる可能性もありますので警戒が必要です。

また、風も強まります。17日(金)夜から18日(土)朝にかけて、北西の風が非常に強く吹き、猛ふぶきや地ふぶきとなる所もあるでしょう。

海では波も急速に高くなり、あす18日(土)の昼前にかけて6メートルの大しけとなる見込みです。海岸には近寄らないようにしてください。

暴風雪や大雪のため、交通に影響が出る可能性が高くなっていますので、遠出は控えた方がよさそうです。道路の気象影響予測も参考になさってください。

予想降雪量は 19日(日)まで1メートル以上降る所も

画像B
画像B

予想される24時間降雪量は、17日(土)18時から18日(土)18時にかけて平地の多い所で30センチ、山沿いでは新潟県中越で80センチの予想となっています。その後、18日(土)18時からの24時間降雪量は、平地の多い所で20センチ、山沿いでは40センチの予想となっています。

17日(金)17時現在、北陸地方のアメダスの積雪深は、湯沢で1センチを観測しました。多い所ではあさって19日(日)朝にかけて一気に1メートル以上の雪が降る見込みです。大雪による交通障害やなだれ、ビニールハウスのような農業施設などへの被害、樹木への着雪に注意してください。

19日(日) 雪はいつまで? 冬型は緩むが低気圧が新潟付近へ

画像C
画像C

19日(日)になると冬型の気圧配置は緩みます。ただ、寒気のやや強い中、新潟県下越沖を低気圧が東へ進み、東北地方を通過する見込みです。19日(日)未明から朝にかけては新潟県下越など、平地でも降雪量が増える可能性もありますので、今後の気象情報に注意してください。

19日(日)の午後から寒気は次第に北上するため、平地では19日(日)の日中は雪から雨へ変わる所が多いでしょう。山沿いでは19日(日)も雪が続きそうです。

雪道運転 万が一に備えて安心グッズを

画像D
画像D

車で出かける予定のある方は、上の図に書いてあるようなグッズをそろえ、万一の立ち往生などに備えると良いでしょう。

雪道の運転に慣れている北陸地方でも、この週末は今シーズン初めて積雪の中で運転される方も多いと思います。車間距離を普段の倍以上とり、ゆっくり慎重に安全運転なさってください。

暮らしとモノ班 for promotion
Amazonプライムデー2024「先行セール」がスタート! お得になる攻略法やキャンペーン情報、おすすめ商品を一挙紹介