メイン画像
メイン画像
この記事の写真をすべて見る

きのう(30日夜)からけさ(31日朝)にかけて、北陸や長野県では、山沿いを中心に積雪が急増。あす1月1日(土)にかけて大雪に警戒。市街地でも積雪による交通への影響に注意。

北陸や長野県では市街地でも積雪

画像A
画像A

きょう31日(金)は、上空に強い寒気が流れ込み、日本付近は強い冬型の気圧配置となっています。

きのう30日(木)の夜から、きょう31日(金)の朝にかけて、北海道から山陰の日本海側では断続的に雪が降っていて、雷や突風を伴って、局地的に降り方がやや強くなっています。

きょう31日(金)午前9時までの12時間の降雪量は、新潟県阿賀町津川で54センチ(1980年の統計開始以来1位の記録)、長岡市で35センチ、長野県野沢温泉村で44センチ、富山市で22センチ、金沢市で15センチなど、山沿いだけでなく、市街地でも積雪が増えています。

あす1月1日(土)にかけて、局地的に雪の降り方が強まり、短い時間で積雪が急増する恐れがあります。大雪による交通への影響に警戒してください。また、雪の重みでビニールハウスなどが倒壊する恐れがありますので、十分注意が必要です。

市街地でも断続的に雪が降るため、積雪や路面の凍結にご注意ください。