メイン画像
メイン画像

3月のスタートは、九州から東北まで広い範囲で雨。暖かい南風で気温が上がり、雪の多い地域では屋根からの落雪などに注意。

局地的に激しい雨

画像A
画像A

きょう1日(火)は、西から雨の範囲が広がりそうです。雨の原因は、西日本にのびてくる前線や、日本海を進む前線を伴った低気圧です。局地的に発達した雨雲がかかり、南よりの風が強まるでしょう。

九州は次第に雨が降りだし、昼前から昼過ぎは、雷を伴って激しく降る所がありそうです。中国、四国は早い所では午前9時頃から雨雲がかかるでしょう。雷雨になる所もありそうです。

近畿や東海は雲が多く、午後は各地で雨が降るでしょう。関東甲信は、昼頃まで晴れ間がありますが、夕方以降は雨が降りそうです。長野県や関東北部の山沿いでは雪になる所もあるでしょう。

北陸と東北も天気は下り坂。雪が降るのは標高の高い山が中心で、平地は雨になるでしょう。雪どけが進むため、屋根からの落雪やなだれに、十分ご注意ください。

北海道は、日本海側から雪の範囲が広がりそうです。風が強く、ふぶく所もあるでしょう。

雨でも気温は高め

画像B
画像B

暖かい南よりの風が吹くため、雨でも日中は気温が上がりそうです。

最高気温は、九州は15℃を超えて、20℃近くまで上がる所もあるでしょう。中国、四国や近畿、東海はきのう28日(月)より低いですが、12℃前後の所が多く、平年並みの予想です。

関東は15℃から18℃くらいまで上がり、昼間は厚手のコートが邪魔になるような気温でしょう。北陸は13℃くらい、東北は10℃前後の所が多く、この時期としては高い見込みです。北海道はきのうと同じくらいで、札幌は4℃の予想です。

晴れる沖縄は気温がグンと上がり、那覇の最高気温は25℃の予想です。4月下旬並みの陽気で、日差しのもとでは暑く感じられるかもしれません。