メイン画像
メイン画像

関東は、きょうとあすで、天気と気温が一転して、寒暖差が大きくなりそうです。21日(月)は春の陽気で、桜の開花が進みそうですが、22日(火)は真冬のような寒さで、冷たい雨が降るでしょう。関東北部では平野部でも、雪のまじる可能性がありますので、空模様と気温の変化に、ご注意ください。

21日(月)春の陽気で 桜がどんどん開花 ただスギ花粉に注意

画像A
画像A

関東では、21日(月)は、雲が広がりやすいですが、晴れ間もでるでしょう。最高気温は15℃くらいで、この時期らしい陽気の所が多い予想です。

この暖かさで、桜の開花が進むでしょう。20日(日)は、東京で、平年より4日早く、桜が開花しましたが、まだ桜がつぼみの所でも、どんどん膨らみそうです。

ただ、暖かいと、桜だけでなく、スギの花も開花するため、スギ花粉が大量に飛ぶおそれがあります。万全な花粉対策を、心がけてください。

天気は下り坂で、夜は千葉県や茨城県など沿岸部を中心に、雨が降り出すでしょう。お帰りが遅くなる方は、念のために傘をお持ちください。

22日(火)真冬のような寒さで 冷たい雨や雪

画像B
画像B

そして、3連休明けの22日(火)は、天気と気温が一転するでしょう。22日(火)夜には、関東沖に、低気圧が進む予想です。

そのため、未明から冷たい雨の範囲が広がり、朝の通勤・通学の時間帯は、傘の必要な所が多くなりそうです。雨を降らせる低気圧が、冷たい空気を引き込むので、関東北部は、平野部でも雪のまじる可能性があります。平野部では、今のところ、雪が降ったとしても、積もる可能性は低いですが、峠を越える車は、念のため路面の変化に注意が必要です。

また、昼間も気温はほとんど上がらず、むしろ、午後は、気温がどんどん下がるでしょう。東京都心の最高気温は7℃の予想ですが、これは平年の「真冬の頃」よりも更に低い気温です。東京都心でも、傘を持つ手が一段と冷たく感じられそうです。季節が逆戻りしますので、できるだけ暖かい服装を心がけてください。

ただ、低気圧の進むコースや速度、寒気の予想には、まだ幅があります。低気圧次第では、雪の降るエリアが変わる可能性もありますので、最新の予報を確認してください。