メイン画像
メイン画像
この記事の写真をすべて見る

けさ(31日)は、日本海側で広く雨が降り、九州では降り方の強くなっている所も。日中は、北陸や東北でも所々で雨の降り方が強まり、太平洋側でも急な強い雨の恐れ。積雪の多い所では、雨で雪どけが進むため、雪崩や川の増水に注意を。

午後は太平洋側でも局地的な強い雨

画像A
画像A

けさ(31日)は、前線が東北から九州にかけてのびており、東北や北陸から九州北部にかけて、広く雨が降っています。

前線の近くでは、大気の状態が不安定となっているため、九州北部などで局地的に雨の降り方が強まっています。福岡県柳川市では午前9時までの1時間に16.0ミリ、福岡県八女市黒木町では午前9時20分までの1時間に11.5ミリの雨が降りました。(数字は速報値)

日中は、東北や北陸などでも所々で雨の降り方が強まるでしょう。急な強い雨や落雷、突風に注意してください。

こんやにかけて前線が南下するため、関東や東海、近畿、四国、九州南部でも、短い時間に強い雨の降ることがありそうです。まだ雨の降っていない所でも、急な雨に備えて雨具があると安心です。

積雪の多い所では、雪どけによる川の増水や土砂災害に注意

積雪の多い所では、雨で雪どけが進みます。雪どけ水が川に流れ込むことで、川の水が増水したり、傾斜地などでは雪崩の危険性が高くなります。また、雪どけによって水分が土中にしみこんで、土砂災害が発生しやすくなります。

日中は雨の降る所が多いため、積雪の多い所では、雪崩や川の増水、土砂災害に十分ご注意ください。

暮らしとモノ班 for promotion
Amazonプライムデー2024「先行セール」がスタート! お得になる攻略法やキャンペーン情報、おすすめ商品を一挙紹介