メイン画像
メイン画像

きょう15日、九州は冷たい季節風が吹いて、冬の寒さとなるでしょう。今週の後半は次第に寒さが緩み、週末はまとまった雨が降る見込みです。寒さが緩むと、スギ花粉の飛散が一気に増えるおそれがあります。花粉症の方はご注意下さい。

15日は冬の寒さが戻る

画像A
画像A

きょう15日、大陸から高気圧が張り出し、九州北部の上空1500m付近には-8度前後の強い寒気が流れ込みます。九州南部は大体晴れますが、九州北部は寒気や気圧の谷の影響で雲が多く一時小雨や小雪が降る所があるでしょう。
最高気温は九州北部で9度前後、九州南部で12度前後と、冷たい季節風が吹いて冬の寒さが戻ります。お出かけの際は厚手のコートなど暖かい服装がよいでしょう。
沿岸海上は北から北東の風がやや強く、海上は波が高い所が多いですのでご注意下さい。

あす16日朝は厳しい冷え込み

画像B
画像B

あす16日、九州付近は移動性高気圧に覆われて、おだやかに晴れる所が多くなります。強い寒気の峠は越えますが、まだ寒気の流れ込みが続いているところに放射冷却現象が強まるため、あす16日朝は各地で厳しい冷え込みになるでしょう。内陸部は軒並み氷点下になり、山沿いは-4度前後まで下がる所があります。水道管の凍結や路面の凍結などにご注意下さい。

あす16日の日中は次第に寒さが和らぐでしょう。

今週後半は寒さ緩み、花粉急増

画像C
画像C

2月に入り、九州は次第にスギ花粉が飛散開始となりましたが、今週に入り急に花粉の飛散が増えてきています。きょう15日は寒さの影響で、花粉の飛散は抑えられますが、今週の後半は寒さが緩み、スギ花粉の飛散が急増するおそれがあります。

週末に雨が降ると、いったん花粉は少なくなりますが、雨の後は各地とも非常に多くなる見込みです。
2月下旬から3月上旬にかけて、スギ花粉の飛散がピークを迎えます。本格的な花粉シーズンに入ってきますので、花粉症の方は備えておきましょう。