アリアドナさんは毎日韓国ドラマを観ているという(撮影・新垣謙太郎)
アリアドナさんは毎日韓国ドラマを観ているという(撮影・新垣謙太郎)
この記事の写真をすべて見る

 世界中で大ブームを巻き起こしたネットフリックスの韓国ドラマ「イカゲーム」。ゴールデングローブ賞などの、アメリカのエンタメ受賞式シーズンを迎え再び注目が集まっている。韓国ドラマや映画だけでなく、K-POPなども根強い人気を保っているが、アメリカにおける韓流ブームは年々存在感を増し、日本の影は薄くなるばかりだ。ニューヨーク在住の筆者が、現地における韓流ブームの現状を取材した。

【写真】韓国女性アイドルが背中に「ノージャパンじゃない」と入れた日本語タトゥーはこちら

* * *

 ニューヨークの中心地タイムズ・スクエアから南に10分ほど歩くと、通りにはハングルの文字があふれ、韓国系のレストラン、カフェ、化粧品店などが所狭しと並んでいる。コリアン・タウンだ。

ニューヨークのコリア・タウンにある韓国系の書店(撮影・新垣謙太郎)
ニューヨークのコリア・タウンにある韓国系の書店(撮影・新垣謙太郎)

 ニューヨークの大学に通うダニエルさん(20)は、その一角に建つ「KORYO BOOKS(高麗書籍)」を訪れていた。目的は、今集めているBTSの音楽アルバムを探すためだという。

 「去年のグラミー賞でBTSのことを初めて知って、彼らの曲を聞き始めたの」

 そう語るダニエルさんは、米音楽界で最も権威があるとされるグラミー賞でBTSを観て、それまで聞いていたアメリカン・ポップからK-POPに転向。今ではARMY(アーミー)と呼ばれるBTSの熱烈なファンだという。

 別の大学生のアリアドナさん(18)も、K-POPやKドラマの大ファンだ。最近では、日本でも話題となった韓国ドラマ「愛の不時着」や「ヴィンチェンツォ」にはまっているという。

「多くのアメリカ人、特に若い世代は(韓国の文化に)すごく興味があると思うわ。今の若者たちにすごく影響を与えているわ」(アリアドナさん)

 筆者も在米20年以上になるが、アメリカにおいてアジア文化がここまで広く受け入れられているのを見るのは、初めてである。しかも、そのほとんどが韓国発のものだ。

 車を運転していると、ラジオから韓国語の歌が流れてくる。家電量販店に行くとサムスンのスマホやLGのテレビが数多く並び、街中ではヒュンダイ(現代)やKIA(起亜)の自動車を多く見かけるようになった。

暮らしとモノ班 for promotion
香りとおしゃれ感を部屋にもたらす!Amazonでみんなが「欲しいアロマディフューザー」ランキング
次のページ
韓国に地位を乗っ取られた日本