天龍源一郎(てんりゅう・げんいちろう)/1950年、福井県生まれ(撮影/写真部・掛祥葉子)
天龍源一郎(てんりゅう・げんいちろう)/1950年、福井県生まれ(撮影/写真部・掛祥葉子)
この記事の写真をすべて見る

 50年に及ぶ格闘人生を終え、ようやく手にした「何もしない毎日」に喜んでいたのも束の間、2019年の小脳梗塞に続き、今度はうっ血性心不全の大病を乗り越えてカムバックした天龍源一郎さん。人生の節目の70歳を超えたいま、天龍さんが伝えたいことは? 今回は「ファン」をテーマに、つれづれに明るく飄々と語ってもらいました。

【写真】ワイルド!?天龍流ポップコーンの食べ方はこちら!

*  *  *

 俺のファンの中でも長い付き合いなのが、竹内兄弟の二人だ。俺がプロレスデビューした直後から今まで、ずっと俺の試合やイベントを観に来てくれている兄弟なんだよ。もともと彼らのお姉さんが、俺を初めて出待ちしてくれた女性ファンでね。彼女と一緒に弟たちがプロレスを観に来るようになって、それからずっと応援してくれている。ちなみにお姉さんは「天龍源一郎ダイナマイトギャルズ」というファンクラブも作ってくれたんだ。

 お姉さんは結婚してなかなか会場に来られなくなったけど、竹内兄弟は俺の引退試合までをほぼ見届けてくれた。彼らは俺とすっかり顔なじみになってからも、一度も「チケットを手配してほしい」ということを言ったことがない。普通だったら「一枚頼みますよ~」なんてこと言ってくるもんだけど、彼らは全部自腹でチケットを買って来てくれる。そういうところに彼らの気骨を感じるよ。

 それに、彼らは当時、全日本プロレスでは選手の名前を書いた幟(のぼり)を会場で掲げることが認められていなかったんだけど、馬場元子さんに直訴して天龍源一郎の幟を掲げることを許可してもらったんだ。ジャイアント馬場さんですら、幟なんてなかったのに、元子さん相手に大したもんだよ。

 そんな彼らに、俺が引退するときに感謝を伝えようと思って、引退試合前の大会に来てくれた二人に、入場前にハグしようと近づいて行ったんだ。喜んでくれるかと思ったら、彼らは怒られると思ったみたいで「ウワーッ!」と逃げて行ってしまった(笑)。何十年の付き合いなのに全然距離が縮まっていなかったようだ(苦笑)。

著者プロフィールを見る
天龍源一郎

天龍源一郎

天龍源一郎(てんりゅう・げんいちろう)/1950年、福井県生まれ。「ミスター・プロレス」の異名をとる。63年、13歳で大相撲の二所ノ関部屋入門後、天龍の四股名で16場所在位。76年10月にプロレスに転向、全日本プロレスに入団。90年に新団体SWSに移籍、92年にはWARを旗揚げ。2010年に「天龍プロジェクト」を発足。2015年11月15日、両国国技館での引退試合をもってマット生活に幕を下ろす。

天龍源一郎の記事一覧はこちら
次のページ
馬場さんがジャンボ鶴田にやきもち!?