メイン画像
この記事の写真をすべて見る

今日20日(月)は、西日本を中心に気温がグングン上昇中。広島県の加計(安芸太田町)では正午までに30℃を超えました。九州から近畿、東海で昨日より気温が高くなり、10℃近く高くなる所もあるでしょう。急な暑さに注意が必要です。

西日本を中心に気温が急上昇中

画像A

今日20日(月)は、朝から日差しが届いている西日本を中心に気温がグングン上がっています。

九州から近畿では午前中から気温が25℃を超えている所が多く、広島県の加計(安芸太田町)では正午までに31.1℃まで上がっています。

高知では、昨日は曇りや雨で最高気温が19.4℃と20℃に届きませんでしたが、今日はすでに20℃を超えており、午前11時半までの最高気温は24.7℃です。

昨日との気温差「大」 急な暑さに気をつけて

画像B

予想最高気温は、九州や中国、四国は28℃前後で、佐賀など30℃以上の真夏日になる所もあるでしょう。鹿児島は今年初めて真夏日になるかもしれません。近畿や東海も広く25℃を超えて、30℃に迫る所もありそうです。

太平洋側を中心に「昨日より大幅に気温が高くなる」というのがポイントです。きのうより5℃前後高くなる所が多く、10℃近く高くなる所もあるでしょう。京都は29℃の予想で、きのうより8℃高くなりそうです。

急に暑くなる日は熱中症のリスクが高くなります。体力に自信がある方も要注意です。
まだ5月だからと暑さを我慢せずに、エエコンを使うなどして室内の温度を調節してください。屋外での作業は定期的に涼しい場所で休憩をとり、こまめに水分を補給しましょう。

熱中症予防のポイント

画像C

熱中症を予防するには、以下のポイントを心がけてください。

① 日頃から、体調管理を心がけましょう。朝など時間を決めて、毎日体温を測定したり、健康状態をチェックしたりすることにより、体調の変化に気づくことができます。
② できるだけ暑さを避けて、喉が渇く前から水分補給を心がけましょう。なるべく涼しい服装を心がけ、日傘や帽子も活用するのが効果的です。入浴の前後や、起床後も、まずは水分を補給しましょう。汗を大量にかいた場合は、水分だけでなく、塩分補給も忘れないでください。
③ 暑さを我慢せず、エアコンを使って室内の温度を適度に下げましょう。室内に温度計を置き、室温を確認しながら調節するとよいでしょう。特に、換気を行う場合はこまめに再設定してください。もし、少しでも体調が悪いと感じたら、無理をしないで、自宅で静養することが必要です。高齢者や子ども、障がいのある方は、特に熱中症になりやすいので、周りの方が気を配るなど、十分ご注意ください。

関東甲信から北海道は気温低下

一方、関東甲信や北陸、東北、北海道の最高気温は昨日と同じくらいか、昨日より低くなるでしょう。特に北陸や東北では昨日より10℃く近く低くなる所もありそうです。服装で上手に調節して、気温の急な変化で体調を崩さないよう、お気をつけください。

暮らしとモノ班 for promotion
いつもAmazonで買っている水やドリンクがもっとお得に!「飲料サマーセール」開催中