メイン画像

明日17日(金)は、関東から九州、沖縄は晴れて、日中は25℃以上の夏日になる所が多いでしょう。18日(土)は各地で晴れて、気温はさらに上昇する見込みです。九州から関東の内陸を中心に、最高気温30℃以上の真夏日が続出するでしょう。熱中症にご注意ください。19日(日)も夏の暑さが続きますが、西から天気は下り坂です。20日(月)以降は広く曇りや雨で、不快な暑さになるでしょう。

明日17日(金) 関東から九州、沖縄は晴れて気温上昇

画像A

明日17日(金)は、上空に寒気を伴った低気圧が北海道付近に進む見込みです。
北海道から北陸は、雲が広がりやすいでしょう。引き続き、大気の状態が非常に不安定で、局地的に雨雲や雷雲が発達する可能性があります。晴れ間が出ても油断せず、急な雨や雷雨にお気をつけください。

関東から九州、沖縄は、高気圧に覆われて晴れる見込みです。天気の崩れはなく洗濯日和になるでしょう。日差しとともに気温が上昇し、日中は25℃以上の夏日になる見込みです。比較的カラッとした暑さですが、できるだけ涼しい場所で過ごすようにしましょう。

18日(土)19日(日) 全国的に厳しい暑さ 熱中症に注意

画像B

18日(土)は、広く高気圧に覆われる見込みです。全国的に晴れて、夏の暑さになるでしょう。関東の内陸や東海では、30℃以上の真夏日になる所があります。まだ体が暑さに慣れていない時期で、熱中症のリスクが高まります。こまめに水分補給を行うなど対策を心がけましょう。

19日(日)は、引き続き高気圧に覆われるものの、西日本は次第に湿った空気が流れ込みます。西から天気は下り坂で、沖縄や九州から近畿は、次第に雨が降るでしょう。東海から北海道は日差しが届き、季節外れの暑さが続きそうです。

週末は運動会が開催される学校が多くあります。こまめに水分補給ができるよう、大きな水筒を持っていくようにしましょう。日なたでは気温の数字以上に暑さを感じるため、できるだけ体調に配慮するようにしてください。

運動会は応援する保護者も日差しと暑さ対策を

画像C

この先は、熱中症に注意・警戒が必要な日が多くなります。

運動会に参加する子どもたちだけでなく、応援する保護者の方も日差しと暑さへの対策が必要です。観覧席は屋根のない場所が多いと思います。帽子や日傘を活用し、できるだけ直射日光を避けるようにしましょう。適度に日陰で休憩をするなどして、強い日差しに長時間当たり続けないようにしてください。

20日(月)以降 曇りや雨でも蒸し暑さ続く

画像D

20日(月)から22日(水)は、北日本は晴れ間が出るでしょう。一方、東日本と西日本は、日本の南にある前線が北上し、曇りや雨のスッキリしない天気が続く見込みです。東海や関東の沿岸部を中心に雨脚が強まることもあります。今後の情報にご注意ください。気温と湿度は高く、不快な暑さが続くでしょう。日差しは控えめでも、暑さ対策が必要です。

23日(木)は前線が本州付近からやや離れるため、北日本や東日本を中心に晴れる見込みです。