木村沙織さん(撮影/写真映像部・上田泰世)

 先週に多く読まれた記事の「見逃し配信」です。ぜひ御覧ください。(この記事は、「AERA dot.」で2024年5月7日に配信した内容の再配信です。肩書や情報などは当時のまま)

【写真】現役時代の木村沙織さんはこちら

*  *  *

 高校2年生で女子バレーボールの日本代表に選出され、史上初の4大会連続で五輪に出場するなど絶対的なエースとして活躍した木村沙織さん(37)。2012年のロンドン五輪では28年ぶりの銅メダル獲得に大きく貢献した。【前編】では36歳で出産する前に経験した“妊活”について語ってもらったが、【後編】では当時の歴史的偉業を振り返ってもらうとともに、10代からスター選手として注目され続けたバレーボール人生、カフェ経営など今後の夢について語ってくれた。

※【前編】<「木村沙織」35歳で長男を妊娠するまでに起きた“予想外のアクシデント” あまりの激痛に「意識が飛べばいいのに…」>より続く

*  *  *

――木村さんが日本代表で初のスタメン出場を飾ったのが、2004年のアテネ五輪最終予選でした。このときの活躍で「スーパー女子高生」と注目度が一気に上がりましたね。

 スーパー女子高生! 懐かしいなあ(笑)。私は周りを気にしない性格なので、注目されているという意識は全然なかったですね。ただバレーボールを好きでやっていて、日本代表に選んでもらって練習をして、試合を頑張って、みんなで目標を達成したいという思いだけでした。高校も普通に通っていました。帰ってテレビのニュースで取り上げられている映像を見ることもあったけど、次の試合の準備があるし、目の前のことに一生懸命でした。ありがたい環境でやらせてもらったと感じたのは引退後ですね。メディアに取り上げていただいてバレーの会場がお客さんでいっぱいになって、たくさんの人に応援してもらって幸せだったんだなあって。

次のページ
「あんな試合は経験したことがなかった」