発言から目が離せない尾上右近(C)朝日新聞社
発言から目が離せない尾上右近(C)朝日新聞社

 11日放送の「土曜プレミアム・中居正広の芸能人!お友達呼んできましたグランプリ第2弾」(フジテレビ・午後9時~)は、人気芸能人が本当に仲の良い“ガチ友達”と一緒に登場。エピソードトークやプライベート映像などから、11組22人それぞれのペアの熱い絆を深掘りする。ゲストのひとり、尾上右近の過去の人気記事を振り返る。(「AERA dot.」2020年7月27日配信の記事を再編集したものです。本文中の年齢等は配信当時)

【写真】歌舞伎界次世代イケメンと言えばこの人

*  *  *

 歌舞伎界の“新プリンス”と呼ばれる尾上右近(28)。曾祖父は演劇の神様と言われた六代目尾上菊五郎、祖父は昭和の映画スター・鶴田浩二というまさにサラブレット。しかし実は歌舞伎役者の家ではなく、江戸浄瑠璃の清元節家元の出身で2018年には7代目清元栄寿太夫を襲名。歌舞伎の歴史の中でも珍しい、役者と清元(演目の歌い手)の二刀流として歌舞伎界を盛り上げている。

 そんな古典芸能の素晴らしい担い手の右近だが、最近はぶっちゃけキャラとしてバラエティ番組などで人気となっている。

「6月末に出演した『ダウンタウンなう』では、親友たちに意外な素顔を暴露され、彼のイメージが一変しました。歌舞伎役者の尾上松也さんは、右近さんが毎朝母親とハグしたり、恋愛を母親に報告したり、とにかくマザコンであることを暴露。出かけるときの服装もチェックしてもらっているという話にはスタジオ中が驚きに包まれていました。また、松也さんによれば『すぐ泣く』キャラでもあるそうで、『彼女に振られたときも、自分が彼女を振るときも泣く』こともバラされていました。ほかにも、堀越高校の同級生で俳優の布川隼汰さんからも、高校時代に女優の河北麻友子さんに告白して玉砕した過去をバラされる始末。マザコンが原因で何人もの女性と別れたことまで明かされ、しどろもどろになる右近さんにSNS上では『尾上右近いいキャラしてるなー』『笑いすぎて顔が痛い』などの声が上げられ、盛り上がりを見せました」(テレビ情報誌の編集者)

 マザコンキャラとして母親への愛の深さを明かされた右近だが、カレーに対する愛情も深いことでも有名だ。

「アウト×デラックス」(フジテレビ・2月6日)に出演した際は、1年でカレーを360食は食べると語り、「1日に5食(カレーを)食べちゃう時もあります」と豪語。食べるにとどまらず、毎年の自主公演の際にはオリジナルのレトルト「ケンケンカレー」を会場で限定販売するほどだという。

「右近さんはマツコ・デラックスさんの超お気に入りのようです。テレビ番組で共演した際も、マツコさんは『かわいいわ~』を連発。ふだんはゲストに辛口対応で知られるマツコさんですが、「(体臭で)むせたいもん!」「またちょっとポンコツ具合がいいわ、かわいいわこれ」と乙女モード全開で、激甘の対応になっていました」(同)

著者プロフィールを見る
高梨歩

高梨歩

女性ファッション誌の編集者など経てフリーライターに。芸能やファッション、海外セレブ、育児関連まで、幅広いジャンルを手掛ける。活動歴は約20年。相撲フリークの一面も。

高梨歩の記事一覧はこちら
次のページ
右近の好きな女性のタイプに共演者たちは不思議顔