※写真はイメージです(gettyimages)

 結成から5年。ついに5月15日、CDデビューを迎える。下積みが15年を超えるメンバーもいるなか、苦境を乗り越え、個性あふれる5人が挑む「新時代」とは──。AERA 2024年5月13日号より。

【写真】蜷川実花が撮った!AERAの表紙を飾ったAぇ! groupはこちら

*  *  *

「デビュー前にドーム」を夢のひとつに掲げてきたAぇ! groupが、3月16日、大阪・京セラドームでデビューを発表した。「まさか叶うとは」と末澤誠也は振り返る。小島健によれば公演が「確定したのは1月」。草間リチャード敬太は「埋まるんかな、ってずっと言ってた」と明かす。13.5万人規模のライブツアー実績を持つが、「とはいえ、ドームって未知やから」と正門良規は言う。だが、そんな彼らの不安をよそに、2日間のべ10万人、最上階の端の端まで満席となった。

「ほんま、いろいろあるグループやけど、そのおかげでジュニア時代に京セラってなかなか異例なことをさせてもらえたり、Aぇ! groupらしいですね、この感じ」

 佐野晶哉も言うとおり、結成、単独ライブ、デビューといったグループの節目ごとに大波に襲われたが、苦境をただ乗り越えるのではなく、好機に変えてきた。5人は「みんなのおかげ」と口を揃えるが、ファンや周囲の人々を惹きつけたことも含め、彼ら自身の魅力と実力だろう。

次のページ