メイン画像

今日(29日)は広く外出日和となっている北海道。日差しのもとでは暖かさを感じられる所も多くなっています。しかし、明日(30日)は北海道付近を低気圧が通過するため、雲に覆われて全道的に雨が降るでしょう。また、最高気温は平年並みか、内陸では平年より4度ほど低い所もあり、雨や風の影響で、より一層空気が冷たく感じられそうです。明日の雨や気温、天気の回復までを詳しく解説します。

明日は全道的に雨 局地的にまとまった雨量に

画像A

祝日にあたる今日の道内は広い範囲で晴れて、外出日和となっています。しかし、明日は、日本海から前線を伴った低気圧が、発達しながら北海道の南を通過する見込みです。そのため、日差しはいったんお預けとなり、道内は各地で雨具の出番となるでしょう。朝の時間帯には、太平洋側の一部で弱いながら雨が降り出し、その後、日中は道内各地へと雨の範囲が広がります。明日、お仕事がある方や、お休みで外出を考えられている方は、家を出る時に雨が降っていなくても、雨具は忘れずにお持ち下さい。

雨の中心は日高地方から東の太平洋側です。昼頃から夕方にかけて一時的に雨脚が強まり、本降りの雨となることがあるでしょう。雨の中心となる地域では、明日降る雨の量が全般に15ミリから30ミリ前後、日高地方の山沿いや根室方面など多い所では60ミリから70ミリくらいと、局地的にまとまった雨の量となりそうです。

また、太平洋側を中心に風の強まる所が多いため、傘が差しにくくなったり、横なぐりの降り方となることもありそうです。車を運転する際は見通しの悪くなる恐れがあるため、慎重な運転を心がけて下さい。夜には道央や道南方面の雨は全般にやみますが、その他はまだ雨の続く所があるでしょう。

なお、札幌は朝までは天気の崩れはなさそうですが、昼前から夕方にかけては雨が降ったりやんだりとなりそうです。明日の雨の量は、市内の多い所で10ミリ前後と、大雨になることはありません。

明日は気温が下がり、日中も寒くなりそう

画像B

今日は内陸を中心に日差しのもとで暖かさを感じられる所もありますが、明日は今日より気温が下がる見込みです。予想最高気温は広く12℃前後と、平年並みか、内陸では平年より4℃ほど低い所もあるでしょう。

道東の帯広では今日午後1時までに20・2℃まで気温が上がりましたが、明日の最高気温は8℃の予想です。札幌は13℃の見込みで、15℃にも届かない予想となっています。内陸を中心とした過ごしやすい陽気から一転、日中でも寒くなりそうです。日差しもなく、風も伴うため、実際の数字以上に低く感じられるでしょう。

道外から旅行などで北海道を訪れている方もいらっしゃると思いますが、明日の外出は暖かい服装を心がける、というのもポイントになります。

天気の回復は明後日(1日) シラカバ花粉には注意を

画像C

明後日(1日)には、道内の天気は回復する見込みです。太平洋側東部やオホーツク海側では、午前中はまだ雲が広がり、朝にかけて一部では雨が残りそうですが、その他の地域は午前中から晴れて、青空が広がるでしょう。予想最高気温は札幌や函館、帯広で17℃など、平年並みか3度ほど高くなり、日差しの暖かさを感じることができそうです。

しかし、注意しておきたいのが花粉です。雨の後は、地面に落ちた花粉が再び空中に巻き上げられ、新たに飛んでくる花粉と合わせると、飛散量が通常より多くなります。花粉症の方は、マスクやメガネを使用するなど、いつも以上に花粉対策はしっかりと行ったほうがよさそうです。