メイン画像

今日29日(昭和の日)は、西から天気が下り坂。九州を中心に発達した雨雲がかかり、局地的には滝のような「非常に激しい雨」。蒸し暑くなる所が多いため、熱中症にもご注意を。

九州 局地的に非常に激しい雨

画像A

今日29日(昭和の日)は、前線を伴った低気圧が東シナ海から九州付近へと進み、西から雨の範囲が広がりそうです。

沖縄は、昼頃まで雨が降りやすいでしょう。局地的に雷を伴った激しい雨が降り、明日30日にかけて警報級の大雨になるおそれがあります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に十分ご注意ください。

九州も雨で、昼過ぎにかけては所々で激しい雨が降るでしょう。長崎県や種子島・屋久島地方では非常に激しい雨が降る所もありそうです。発達した雨雲が抜けたあとも、雨が続くでしょう。

四国は次第に雨が降りだし、昼頃には各地で雨。中国地方は、早い所では昼前から雨が降るでしょう。局地的には激しい雨が降りそうです。落雷や竜巻などの激しい突風にご注意ください。近畿や東海も、午後は次第に雨が降りだすでしょう。

北陸と関東、東北南部は昼頃まで晴れますが、次第に雲が広がります。夕方以降は所々で雨が降るでしょう。東北北部と北海道は、おおむね晴れる見込みです。外のレジャーは、紫外線対策を心がけてください。

ムシッとした暑さに

最高気温は、昨日28日と同じくらいか低いものの、平年より高い所が多いでしょう。

沖縄は30℃近くまで上がる所が多く、ムシムシとした暑さが続きそうです。九州から東海は、日中の気温の上がり方は鈍いでしょう。ただ、朝から気温が高く、雨でも鹿児島の最高気温は25℃と、夏日の予想です。

関東甲信や北陸、東北は、昨日28日より5℃以上の低い所もありそうです。それでも平年より高い所がほどんど。東京都心は27℃と、6月下旬並みでしょう。蒸し暑くなるため、こまめに水分をとって、熱中症にならないよう対策をしてください。

北海道は15℃くらいで、この時期らしい陽気が続くでしょう。

雨の強さと降り方

画像C

非常に激しい雨は、1時間雨量が50ミリ以上~80ミリ未満の雨を表しています。これは、滝のように降る雨で、ゴーゴーと降り続くイメージです。また、傘は全く役にたたないレベルで、木造住宅の屋内では、寝ている人の半数くらいが雨に気づくほどです。外では水しぶきで、あたり一面が白っぽくなり、視界が悪くなるため、車の運転は危険です。

激しい雨は、1時間雨量が30ミリ以上~50ミリ未満の雨を表しています。これは、バケツをひっくり返したように降るイメージです。また、傘をさしていてもぬれるレベルで、木造住宅の屋内では、寝ている人の半数くらいが雨に気づくほどです。外では道路が川のようになり、高速道路を走る車は、タイヤと路面の間に水の膜ができて、ブレーキがきかなくなる「ハイドロプレーニング現象」が起こるおそれがあります。

「非常に激しい雨」「激しい雨」が降ると予想される所では、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水・氾濫に十分ご注意ください。