エミネム、ニューAL『The Death Of Slim Shady』を今夏リリースすると予告

 エミネムが、ニュー・アルバム『The Death Of Slim Shady (Coup De Grace)』を2024年の夏にリリースすることを予告した。

 エミネムは、“誰がスリム・シェイディを殺したのか?”という質問を投げかける、自身の最期を追った犯罪ドキュメンタリー『未解決ミステリー』風の動画を通じて今回の発表を行った。動画には、ラッパー仲間の50セントもカメオ出演し、「彼は友達じゃない、サイコパスだ」と断言している。さらには、エミネムの過去の映像、血まみれのナイフ、そしてモザイクがかかったヒゲ面の本人が登場する。

 このパロディ番組『デトロイト殺人ファイル』のトレンチコートを着た司会は、「その複雑で、早口で、常に批判を浴びるライムを通して、スリム・シェイディとして知られるブロンドのアンチヒーローには多くの敵にがいました」と説明し、「これらの無礼な歌詞と物議を醸すような態度が、最終的に彼を破滅に導いたのかもしれません」と続けている。

 『The Death Of Slim Shady (Coup De Grace)』は、2020年の11枚目のスタジオ・アルバム『ミュージック・トゥ・ビー・マーダード・バイ』に続く作品だ。今作は、米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”で1位となり、彼にとって10作連続での首位となった。この前作となる2018年の『カミカゼ』は何の前触れもなくリリースされ、ファンを驚かせた。

 エミネムは、2022年にデュラン・デュラン、ユーリズミックス、ドリー・パートン、パット・ベナターとニール・ジェラルド、ライオネル・リッチー、カーリー・サイモンらとともに【ロックの殿堂】入りを果たした。

 その際、彼を紹介した長年のコラボレーターであるドクター・ドレーは先日、エミネムのニュー・アルバムが近々発売されることを米TV番組『ジミー・キンメル・ライブ!』で明かしていた。ドレーが、「一つ行っておくよ。エミネムは今年リリースされる自分のアルバムに取り組んでいる」と明かすとスタジオの観客から歓声が上がり、「実際彼と話して、この番組で発表してもいいと言ってくれたんだ。ということで、彼はアルバムをリリースするし、僕が関わっている楽曲もあるし、すごくいいよ。実は明日、初めてアルバム全曲を聴く予定なんだ」と説明していた。