ピンク・フロイドのデヴィッド・ギルモア、9年ぶりの新作『ラック・アンド・ストレンジ』発売決定

 ピンク・フロイドのデヴィッド・ギルモアが、9年ぶりの新作『Luck and Strange』を2024年9月6日にリリースすることを発表した。アルバムからの第1弾シングル「The Piper’s Call」は、4月26日にデジタル配信される。

 『Luck and Strange』は、英ブライトンとロンドンで5か月余りをかけてレコーディングされ、デヴィッド・ギルモアの全曲新曲のアルバムとしては2015年の『飛翔(Rattle That Lock)』以来9年ぶりとなる。プロデュースを手がけたのは、デヴィッド・ギルモアとチャーリー・アンドリュー(アルト・ジェイやマリカ・ハックマン他)で、きっかけは【マーキュリー賞】を受賞したインディー・バンド、アルト・ジェイを手がけたアンドリューのプロデュース・ワークに感銘を受けたギルモアが彼にインスタグラム上でダイレクト・メッセージを送ったことだった。

 これまでにない新たな制作過程についてギルモアはこう語る。「チャーリーを家に呼んだんだ。いくつかデモを聴いてくれて “ところでどうしてこんなところにギター・ソロがないといけないんでしょうか?”“全部フェード・アウト?いくつかはただ終わらせる訳にはいかないんでしょうか?”なんて言っていた。彼は僕がこれまでやってきたことに対して、素晴らしいくらい知識やリスペクトに欠けているんだ。とてもダイレクトで、まったくもって萎縮していない。そこが最高にいいんだ。僕にとってはとにかくとてもいい。ただ言われるがままというのだけは嫌だからね」

 アルバムの歌詞の大半は、この30年間ギルモアとコラボレーションを行ってきた妻のポリー・サムソンが担当。サムソンは『Luck and Strange』のテーマについてこう語る。「年老いていく身の視点から書いたもの。死の必然性が絶えずありました」。デヴィッド・ギルモアも更にこう語る。「僕たちはロックダウンの最中、そして、その後もその手のことを話し合ったり考えたりしながら、たくさんの時間を費やしたんだ」。ポリー・サムソンはチャーリー・アンドリューと仕事を共にする経験によって自由になれたとも言う。「彼は曲の内容を知りたがるし、その曲で演奏する全員が、歌詞の内容を演奏に反映させることを望み、それがとてもうまくいきました」

 アルバムは新曲8曲とともに、2000年代初期のインディー・デュオ、ザ・モンゴルフィエ・ブラザーズの「ビトウィーン・トゥー・ポインツ」の美しいリメイクを収録する。アートワークと写真は、アントン・コービンが手がけた。

 本作に参加したミュージシャンは、ベースのガイ・プラット(1987年以降ピンク・フロイドのレコーディングやツアーに参加)とトム・ハーバート、ドラムスのアダム・ベッツ、スティーヴ・ディスタニスラオ、キーボードのロブ・ジェントリーとロジャー・イーノ(ブライアン・イーノの弟)、ストリングスとコーラスのアレンジを行ったウィル・ガードナー、そしてスティーヴ・ガッドだ。タイトル曲「Luck and Strange」には今は亡きピンク・フロイドのキーボード奏者、リチャード・ライトもフィーチャーされており、2007年にデヴィッド・ギルモアの自宅にある納屋で行ったジャムの音源が使用されている。

 録音には2020年と2021年のロックダウン中にデヴィッド・ギルモアと家族が世界のオーディエンスに向けて行ったライブ・ストリーミング“フォン・トラップト”から登場した者たちもいる。娘のロマニー・ギルモアは歌とハープを担当し、「Between Two Points」ではリード・ボーカルで登場。息子のガブリエル・ギルモアもバッキング・ボーカルで参加。また息子のチャーリー・ギルモアはアルバムの最終曲「Scattered」の作詞を担当し、アントン・コービンが撮影とデザインを手がけたアルバム・ジャケットのイメージはこの詞からインスピレーションを受けている。

 『Luck and Strange』で家族と仕事を共にしたことについて、ギルモアはこう語る。「ポリーと僕は30年以上一緒に曲を書いてきたし、“フォン・トラップト”のライヴ・ストリーミングではロマニーの声やハープ・プレイの素晴らしい融合が見られた。僕たちはそれによって、僕がしがらみを感じていた過去の一部を捨て去って、それらのルールを投げうって、やりたいと感じるままにやろうという気になったんだ。実に楽しいよ」

 9月6日にリリースされる『Luck and Strange』の日本盤の詳細は追って発表となる。


◎リリース情報
シングル「The Piper’s Call」
2024/4/26 DIGITAL RELEASE
https://SonyMusicJapan.lnk.to/LuckandStrange

Photo: Anton Corbijn