WWE殿堂入りを果たしたブル中野(写真:REX/アフロ)

 女子プロレスラー・ブル中野が世界最大のプロレス団体WWEのホール・オブ・フェイム(殿堂)入りを果たした。レスラー部門として日本人5人目(女子では初)の快挙でレジェンドレスラーとして本場でも認められた形だ。

【写真】記憶に新しいアントニオ猪木さんの現役引退シーンはこちら

「もし生まれ変われるようなことがあれば、またブル中野として生まれ変わりたい。そしてWWEのリングに戻ってきます。この賞は私の宝物です」(ブル中野)

 現役時代と同じフェイスペイントを施し、涙を流しての英語スピーチが感動を呼んだ。

 4月5日(日本時間6日)、米国フィラデルフィアのウェルズファーゴセンターでWWEホール・オブ・フェイム入り式典が行われた。1994年に日本人初となるWWF世界女子王座(当時)を獲得したブル中野は、30年の時を経てプロレスラーとして最高峰の栄誉を手にした。

「米国内では大きな話題となっている。WWEへの注目度も高いうえに近年は日本人女子レスラーの活躍も目立つ。その元祖がブル中野であり多大なリスペクトが払われている」(米国在住スポーツライター)

 ブル中野は1983年に全日本女子プロレス(=全女)でデビュー、1985年に「ブル中野」に改名するとブレイクを果たし1990年にはWWWA世界シングル王座を獲得する。1993年からはWWF(現WWE)に参戦、1994年11月20日の全女・東京ドーム大会でアランドラ・ブレイズ(メドゥーサ)を破ってタイトル奪取。97年に現役引退後(2012年に引退興行)は、プロゴルファー挑戦なども話題となった。

「ブル中野はWWF、日本、そしてメキシコCMLLで王者になっている。当時WWFとの二大勢力だったWCWでも活躍した。確かな技術、強い精神力、表現力などレスラーとしての評価が非常に高い。今回の殿堂入りは当然という声を多くの人から聞く」(元スポーツ新聞プロレス担当)

 WWE・CCOのトリプルHは自身のX(旧ツイッター)で「史上最高の女子レスラーの一人であるだけではなく、史上最高のレスラーの一人」と最大限の賛辞を送っている。

次のページ
試合では強烈なインパクトを残したブル中野