メイン画像

今日4月22日(月)、「4月こと座流星群」の活動が極大となります。極大時刻は16時頃と夕方のため、今夜~23日(火)明け方にかけて見頃となります。天体ショーが楽しめる所は?観察ポイントは?

今夜 「4月こと座流星群」が見頃

4月の夜空を彩る「4月こと座流星群」が、今日4月22日(月)16時頃に極大を迎えます。極大時刻は夕方のため、今夜(22日)~明日23日(火)明け方にかけて見頃となります。

母天体はサッチャー彗星。流星の数は少ないですが、明るい流星の割合が高いので、運良く見られれば印象に残りそうです。

観察ポイントや見える個数は?

画像B

1時間あたりに観察できる流星の数は、5個程度です。満月(4月24日)が近いため、晴れる所も条件は良くありませんが、目にできればラッキーくらいの大らかな気持ちで気長に流星を待ちましょう。

【観察する方角】
観察する方角にこだわる必要はありません。ひとつの方角に集中せず、空を広く見渡しましょう。放射点(※)を中心に四方八方へ放射状に飛び出すように流れて見える流星は、夜空のどこにでも出現します。そのため、一点ではなく空全体を眺めるほうが、より多くの流星を捉えやすくなります。

※流星群の流星が四方八方に流れるその中心となる点のこと。放射点の高度が高くなるほど、流星の出現数が増えます。

【観察する場所】
流星の観察に適しているのは、街明かりが少なく、空を広く見渡せる開放的な場所です。目が暗さに慣れるまでには時間がかかるため、最低でも15分間は観察を続けましょう。

【観察する方法】
肉眼での観察がおすすめです。天体を拡大して見る望遠鏡は、流星のように広い範囲の現象の観察には不向きなためです。

各地の天気は?

画像C

今夜は、北海道や東北の日本海側を中心に晴れて、天体ショーが楽しめるでしょう。関東~九州、沖縄は曇りや雨で、観察は難しそうです。

天体ショーが楽しめる北日本では、夜はグッと冷えます。暖かくしてお楽しみ下さい。