メイン画像

明日21日(日)以降、来週中頃にかけて西日本・東日本を中心に曇りや雨。特に、週明け23日(火)~24日(水)は、太平洋側を中心に雨や風が強まり荒天の恐れ。ゴールデンウィーク前半は10年に一度レベルの高温予想、熱中症に注意が必要です。

明日21日(日) 雨の範囲は西日本から東日本へ

画像A

明日21日(日)は前線を伴った低気圧が本州付近を東進する見込みです。低気圧はあまり発達せず、北上もしない(お辞儀型)予想ですが、西日本では明け方~昼前は、鹿児島など九州南部を中心に激しい雨が降る恐れがあるため注意が必要です。

また、大きな地震があった愛媛県や高知県では、地盤が緩んでいる所があります。少しの雨でも土砂災害に注意が必要です。

西日本は午後もすっきり回復とはいかず、太平洋側を中心に雨が降ったりやんだりとなりそうです。東海は昼前から雨、関東は夕方以降、南部を中心に雨が降りやすいでしょう。

週明け 23日(火)~24日(水)は荒天の恐れ

画像B

週明け22日(月)は、前線は一旦南に離れるため、雨の止む所が多いでしょう。

23日(火)~24日(水)は、日本海で低気圧が発達。また、本州の南岸には別の前線を伴った低気圧が東進する予想です。23日(火)は、西日本で雨や風が強まるでしょう。24日(水)は北日本まで雨エリアが広がり、近畿~東北の太平洋側で雨量が増える予想。全国的に風も強まり、荒れた天気になる恐れがあるため注意が必要です。

大雨のタイミングや雨量など、低気圧の動きにより変わるため、最新の気象情報をこまめに確認して下さい。

GW前半 10年に一度レベルの高温に注意

画像C

来週前半の大雨の後は、「10年に一度レベルの高温」に注意が必要です。

気象庁は高温に関する早期天候情報を発表。この情報は、10年に一度レベルの高温が予想される時に発表されます。来週24日(水)頃から5日間程度、ほぼ全国的に平年より気温がかなり高くなる可能性があります。

GW前半 札幌でも夏日予想

画像D

ゴールデンウィーク前半、27日(土)~28日(日)は、全国的に夏日続出、札幌でも最高気温25℃以上の夏日予想です。九州~関東では、最高気温30℃以上の真夏日に迫る所もありそうです。

この時期は、まだ身体が暑さに慣れていないため、真夏ほど気温が上がらなくても熱中症のリスクが高くなります。こまめに休憩や水分をとり、熱中症には十分に注意しましょう。

全国的に晴天が続かず、西日本を中心に雨の降る日が多くなる見込みです。最新の気象情報をこまめに確認し、体調管理には十分にご注意下さい。