ギャンブルの強さが知られてきた矢口真里

 元「モーニング娘。」でタレントの矢口真里(41)が、お笑いコンビ「千鳥」がMCを務める「チャンスの時間」(Abematv、4月7日放送)の特別企画「第3回 大パチンコ大会」で優勝し話題となっている。

【写真】4度の不倫報道でも芸能界を「干されなかった」有名女優はこの人

 同企画は矢口や番組MCの「千鳥」の2人のほか、前回王者のモデルの藤田ニコルやロックバンド「GLAY」のHISASHI、「鬼越トマホーク」の金ちゃん、「相席スタート」の山添寛、芸人の岡野陽一らパチンコ好きの芸能人が“芸能界ナンバー1”の称号かけて完全自腹の出玉対決を行うというもの。

 パチンコ歴17年という矢口は慣れた手つきでパチンコに興じ、岡野と“カップル打ち”にも挑戦するなど、番組を盛り上げつつ見事に優勝を果たした。

 矢口といえば、2013年に不倫騒動で世間を大きく騒がせた。現在は夫となった元モデルの男性と不倫中に前夫が帰宅し、不倫男性と夫が自宅で鉢合わせとなった“クロゼット不倫”騒動で芸能活動を自粛。騒動以降、地上波の番組出演は減少傾向にあるが、パチンコも含めた“ギャンブル強者“として最近は注目度が増しているという。

 バラエティー番組を手掛ける放送作家は語る。

「実は矢口さんは、昨年1~3月、東京シティ競馬(TCK)が展開している公式YouTubeライブ番組『ウマきゅん』の馬券大会でも、名だたる競馬好き有名人や競馬予想家などを抑えて、馬券回収率1位で優勝を果たしているんです。ギャンブル好き界隈では『芸能界ナンバー1ギャンブラー』『名うての女勝負師』として注目を集めています」

著者プロフィールを見る
立花茂

立花茂

東京都出身。大学を卒業後、スポーツ紙の芸能記者として活躍。その後、週刊誌や月刊誌、ニュースサイトなどでも記事を執筆。得意ジャンルは芸能だが、取材対象はアニメ、競馬、プロレスなど多岐に及ぶ。最近はweb3.0にも興味あり。

立花茂の記事一覧はこちら
次のページ
業界人には「ギャンブル好き」が多い