メイン画像

晴れている地域を中心に、この時期としては暖かくなっています。特に北日本では、今年に入って気温が最も上がっている所が多くなっています。

北日本中心に今年最高気温更新

画像A

今日6日は、本州の日本海側や北海道を中心に晴れて、気温が上がりました。日中はこれらの地域でこの時期としては暖かくなっています。なかでも北日本などで気温が高く、午後2時までに137のアメダス観測点で、今年の最高気温を更新しています。

各地の最高気温は午後2時現在、北海道・女満別空港17.0℃★(5月中旬並み)、札幌市14.9℃★(4月下旬並み)、青森・弘前市18.4℃★(5月上旬並み)、東京都心15.3℃(3月下旬並み)、大阪市22.1℃(4月下旬並み)、福岡市21.3℃(4月下旬並み)となっています。

★・・・今年の最高気温を更新。

北日本や新潟などでは、山沿いを中心にまだ積雪の深い所があります。気温の高い状況が続き、なだれの発生するリスクが高まるため注意が必要です。

貴重なお花見日和に

画像B

明日7日は、前線に近い沖縄や九州で曇りや雨となりますが、その他の地域では日中、広い範囲で晴れ間が出る見込みです。

西日本や東日本、北日本の日本海側では気温が高く、日差しの下では汗ばむくらいとなる所もありそうです。札幌は今日以上に気温が高い、5月中旬並みの予想です。

週明け以降は天気の崩れる所が多いため、中国地方から関東では貴重な洗濯日和、お花見日和になりそうです。