メイン画像

今日6日(土)と7日(日)は晴れる所が多く、お花見日和に。雲が多い関東も、明日7日(日)は日の差す時間がありそう。季節先取りの陽気で、7日(日)は名古屋などで夏日予想。

北日本を中心に晴れ 前線周辺では激しい雨も

画像A

今日6日(土)から7日(日)にかけては、高気圧に緩やかに覆われますが、前線が沖縄や奄美付近から南の海上に停滞するでしょう。太平洋側の地域も、湿った空気や気圧の谷の影響で、雨の降る所がありそうです。

前線に近い沖縄と奄美は断続的に雨で、雷雨や激しい雨の降る所がありそうです。今日6日(土)の午後はいったん、雨の降り方が落ち着きますが、明日7日(日)の昼頃からは再び発達した雨雲がかかるでしょう。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に十分注意してください。

九州から東海は日差しが届き、お花見日和の所が多いでしょう。ただ、九州南部は土日ともに昼頃から雨が降りやすく、四国も太平洋側で雨雲がかかりそうです。その他の地域も、今夜から明日7日(日)の明け方にかけて雨が降りますが、局地的でしょう。

関東は雲の多い天気が続きそうです。今日6日(土)は、朝晩を中心に所々で雨。明日7日(日)は明け方まで南部を中心に雨が降りますが、日中は日の差す時間もあるでしょう。雨の降り方は弱いため、桜の花は見頃が続きそうです。

北陸や東北、北海道は、高気圧に覆われるため、広い範囲で晴れるでしょう。東北の太平洋側は、今夜から所々で雨が降りますが、明日7日(日)の昼頃にはやむ見込みです。日中は晴れる時間が長いでしょう。

日中は上着いらずの陽気の所も

画像B

今週末は、季節先取りの陽気の所が多いでしょう。最高気温は、今日6日(土)より7日(日)の方が気温が高くなりそうです。朝晩は冷えますが、7日(日)の夜は気温の下がり方が緩やかで、夜桜見物にも良いでしょう。

沖縄は、雨でも最高気温が25℃くらいまで上がる所が多く、ムシムシと感じられるかもしれません。風通しを良くしてお過ごしください。

九州から東海では、日中は上着なしで過ごせるくらいでしょう。明日7日(日)の最高気温は、京都や名古屋で25℃と夏日の予想です。まだ体が暑さに慣れていない時期なので、無理をせずこまめに水分や休憩をとりましょう。

関東は今日6日(土)も花冷えとなり、昼間も厚手の上着が必要です。明日7日(日)は一転、気温が上がるでしょう。最高気温は20℃前後の所が多く、ゴールデンウィーク頃の暖かさになりそうです。

北陸や東北、北海道もこの時期としては、気温の高い状態が続くでしょう。積雪が多い所では雪解けが進むため、なだれや落雪などにご注意ください。

お花見スポット 九州から関東は続々と満開に

画像C

こちらの画像は、全国約1000地点のお花見スポットの開花状況です。薄いピンクは「つぼみ」、それより濃いピンクは「咲き始め」~「7分咲き」を示しています。

九州から関東にあるお花見スポットでは桜の開花が続々と進み、大阪府の万博記念公園や、京都府の嵐山、愛知県の岡崎公園、東京都の目黒川や千鳥ヶ淵緑道などで満開となっています。

富山県の城址公園や福島県の松ヶ岡公園では、昨日5日(金)現在、7分咲きとなっています。北陸や東北南部でも、満開間近です。

九州から関東は、見頃の所が多くなっています。空模様にも注意しながら、お花見を楽しんでください。