メイン画像

関西各地は桜のつぼみの成長が進んでいます。京都市内では、もう間もなく開花しそうなソメイヨシノがあちこちに見られる状態です。この先は春本番の暖かさが続くため、近畿各地で桜のつぼみの成長がぐっと進むでしょう。

今週後半から20℃超えの所が続出 桜開花を促す暖かさ

画像A

ここ数日は雨の日が続いていましたが、今日27日(水)は移動性の高気圧に覆われて、久しぶりに近畿全般に晴れています。たっぷりの日差しのもとで気温が上がり、13時までの最高気温は大阪で15.4℃、京都で14.5℃と、昨日より気温が上がっています。
ただ、今日の晴れの天気は長続きしません。明日28日(木)は昼過ぎから所々で雨が降り始め、夜は広い範囲で雨。明後日29日(金)の朝まで雨が続き、まとまった雨となる可能性もあります。
その後は急速に天気が回復し、暖かな春の陽気が来週2日(火)の日中まで続くでしょう。最高気温は20度以上の所が多く、昼間は上着が必要ないくらいです。先週の寒さで成長がゆっくりだった桜のつぼみは、この暖かさで急成長しそう。今週後半には近畿各地から桜開花の便りが届くでしょう。

来週後半以降も暖かな状態が続く 今の所お花見日和は少ないかも

画像B

来週後半以降も最高気温は15℃以上の所が多く、暖かな状態が続く見込みです。ソメイヨシノは天気や地域にもよりますが、開花から満開までは大体一週間くらい。ただ、この暖かさで一気に成長が進み、今年は開花から満開までの期間が通常より短くなる可能性があります。
高温傾向が続く一方で、来週後半からは曇りや雨の日が多くなる見込みです。先の予報は大きく変わる可能性もありますので、お花見の計画は最新の情報を確認してください。