賭博問題でドジャースの通訳を解雇された水原一平氏

 今年は韓国・ソウルで一足早く開幕戦(パドレス対ドジャース戦)が行われたメジャーリーグ。来年はメジャーリーグ機構が非公式ながらドジャースとカブスに日本開幕戦について伝達したと現地で報道された。

【写真】イチローだけじゃない!MLBの年金額「満額支給」の日本人選手がこちら(ほか3人)

 ドジャースには大谷翔平と山本由伸、カブスには鈴木誠也と今永昇太と4人の日本人選手が所属しているだけに実現すればかなりの盛り上がりとなりそうだ。

 だが、現在世間を騒がしている「イッペイ・スキャンダル」がMLBのアジア戦略にまで多大な影響を及ぼすとも言われている。状況によっては2025年の日本開幕戦開催の再考すらあり得るという声もある。

 元ドジャース通訳・水原一平氏の違法賭博スキャンダルは、新たな情報が次々と出始めた。水原氏の経歴詐称疑惑や借金まみれの過去が明らかになるなど、騒ぎは収まる気配がない。

 日本時間の3月26日には大谷が水谷氏の違法賭博問題について声明を発表したが、これからどうなるかは分からない部分も多い。10年総額7億ドル(約1060億円)という超大型契約でドジャース入りし、これから楽しみなシーズンが始まるはずだった。だが、水原氏のスキャンダルはそれに水を差し、今後も様々なところで“負の波及効果”を及ぼすのではないかと懸念されている。

「野球のシーズンが本格的に始まる前に大きなミソがついた。大谷の専属通訳が犯した問題だけに、2025年に開催予定のMLB日本開幕戦に関しても影響が大きいと聞く」(大手広告代理店関係者)

 1月5日にNPBの榊原定征コミッショナーは、2025年のMLB開幕戦が東京ドームで行われる見通しを明かした。「プロ野球の魅力向上、事業規模拡大、国際化の推進」を掲げ全面協力を宣言、NPB球団とのオープン戦も行われるという話だった。

「ドジャースとカブスが対戦候補に挙がっている。カブスには鈴木と今永が在籍しており、投手・大谷と鈴木、打者・大谷と今永の直接対決となれば、日本中が盛り上がるのは間違いない。またエスコンフィールド北海道(以下エスコン)で日本ハムとオープン戦を行う方向で調整していると聞く」(スポーツ新聞MLB担当)

次のページ
エスコンでの開催は白紙に?