約3分半の大人の物語、JUJU新曲「一線」×『島耕作』コラボMV公開

 JUJUの新曲「一線」と、マンガ『島耕作』のコラボMVが公開された。

 『島耕作』は、弘兼憲史による漫画シリーズ。1983年、講談社『モーニング』誌上に読み切り『係長 島耕作』として初登場し、その後『課長 島耕作』として連載がスタートした。実社会の時事を取り入れながら、さまざまな困難を乗り越えて出世していく等身大のサラリーマンの姿や、登場人物たちの人間模様、恋模様が描かれており、シリーズ累計発行部数は4,700万部を超える。

 『島耕作』全シリーズを読破し何度も読み返すなど、島耕作の大ファンである事をかねてより公言していたJUJUだが、今回が初のコラボレーションとなった。コラボMVには、島耕作とヒロインの大町久美子が出演。2人の出逢い、接近、すれ違い…といった『島耕作』ならではの“悲喜交々”のシーンと、“一線”上を揺れ動く大人の感情を表現した歌詞とJUJUの歌がリンクした、約3分半の大人の物語となっている。


◎JUJU コメント
全シリーズ読破はもちろん、何度も読み返してはいろんな色の溜息をつかされる「島耕作シリーズ」!!私のMVに島耕作さんと大町久美子さんに出ていただける日が来るとは...まさかの展開にまた一つ新しい色の溜息をついています。一線/島耕作...ウットリです!!

◎弘兼憲史 コメント
このようなコラボMVを作っていただけるとは
『課長 島耕作』連載当時は思ってもいませんでした。
音楽も構成も素晴らしく、感動しました。
JUJUさん最高!


◎映像情報
YouTube『島耕作×JUJU「一線」コラボミュージックビデオ【期間限定公開】』
https://youtu.be/rvzDh2oVT5I

(C)弘兼憲史/講談社