長く自民党の政務調査役を務めた政治評論家の田村重信氏は、

「小池知事と手を組むというのは禁じ手のように見えますが、3敗すればすぐに退陣論が盛り上がるでしょうから、ずっとましだという考えでしょう。ここ数カ月、岸田首相の(内閣)支持率は20%ほどの低空飛行が当たり前になっています。岸田首相の周辺からは『森喜朗元首相は最後、10%も(内閣)支持率がなかったからまだいいほうだ』なんて話も聞きました。不安定の中の安定のような感じになっています。それに裏金事件で派閥が解消となり、官邸と党本部が主導する形になっています。東京15区さえなんとかなれば、とりあえず補選は乗り切れるんじゃないでしょうか。ただ、小池知事は突然、力を増すので岸田首相はそこをどう抑え込めるかでしょう」

 と話している。

(AERA dot.編集部・今西憲之)

著者プロフィールを見る
今西憲之

今西憲之

大阪府生まれのジャーナリスト。大阪を拠点に週刊誌や月刊誌の取材を手がける。「週刊朝日」記者歴は30年以上。政治、社会などを中心にジャンルを問わず広くニュースを発信する。

今西憲之の記事一覧はこちら