メイン画像

明日20日春分の日~21日は荒れた天気になる所がありますので、交通への影響に注意してください。週末から前線の影響で、雨の降る所が多く、雨量が多くなる恐れもあります。激しい寒暖差にも注意が必要です。

明日20日春分の日 落雷や激しい突風などに注意

画像A

明日20日、春分の日は、前線を伴った低気圧が日本海を発達しながら東へ進み、東日本付近を通過するでしょう。明日の夜には日本の東で急速に発達して、日本付近は西高東低の冬型の気圧配置となる見込みです。また、西日本から東日本の上空約5,500メートルには、マイナス36℃以下の、この時期としては強い寒気が流れ込むでしょう。低気圧に向かって流れ込む湿った空気や上空寒気の影響により、西日本と東日本では明日20日にかけて、大気の状態が非常に不安定になりそうです。

明日は日差しの出る所もありますが、天気の急な変化に注意が必要です。九州から関東甲信では、あちらこちらでにわか雨や雷雨があるでしょう。局地的にはザッと雨の降り方が強まりそうです。落雷、竜巻などの激しい突風、急な強い雨にご注意ください。

北陸や東北は日本海側を中心に、21日にかけて断続的に雪が降り、大雪になる所があるでしょう。東北の太平洋側でも雪雲の流れ込む所がありそうです。

全国的に風が強く、沿岸を中心に暴風が吹き荒れるでしょう。交通機関に影響が出る可能性もありますので、お出かけの際は交通情報にもご注意ください。

最新の気象情報をチェック

画像B

最新の「気象情報」を入手するには、テレビやラジオなどの方法もありますが、インターネットで確認する場合、おすすめのチェックポイントが3つあります。

①雨雲レーダーをチェックしましょう。「今、どこで雨雲が発達しているのか」という実況だけでなく、「この後、雨雲がどこへ進むのか」という予想もわかります。自分のいる付近を拡大すれば、より詳しく知ることができます。
②雷レーダーをチェックしましょう。雨雲レーダーと同じように使えます。また、雷が予想されている所では、落雷だけでなく、竜巻などの突風の可能性も高まっていて、ひょうにも注意が必要です。
③注意報・警報をチェックしましょう。発表されている注意報・警報の種類によって、どんな現象に注意・警戒しなければならないか、わかります。注意警戒事項には、いつまで注意・警戒すべきか、ということも書いてあります。

23日~26日 本州付近に前線が停滞 雨量が多くなる所も

画像C

23日は西から次第に前線が延び、26日頃にかけて本州付近に停滞する見通しです。

23日~26日にかけて、九州から関東、北陸では断続的に雨が降るでしょう。24日~25日は前線上に低気圧が発生し、前線や低気圧に向かって、雨雲の元になる暖かく湿った空気が流れ込む見込みです。西日本を中心に大雨になる恐れがありますので、最新の情報にご注意ください。

週明けにかけて 寒暖差が激しい 体調管理に注意

画像D

この先も寒暖差が激しいため、服装選びに注意が必要です。

最高気温は、21日~23日は平年より低い所が多いため、冬のコートや重ね着をするなど寒さ対策を行いましょう。
24日は平年より高く、東京都心では20℃近くまで上がるでしょう。暖かい南よりの風が吹いて、日中はコートがなくても過ごせるくらいです。
25日は次第に前線が南下し、寒気が流れ込んでくるでしょう。26日は西高東低の冬型の気圧配置になり、冬の寒さに逆戻りそそうです。
日々の気温の差が大きくなりますので、体調管理にご注意ください。