Aぇ! group「Aッ倒的ファン大感謝祭」でCDデビューを発表した直後の会見。右から順に、「デビューしましたー!」と報告する佐野晶哉にツッコむ草間リチャード敬太、末澤誠也、正門良規、小島健(撮影:品田裕美)

「Aぇ! groupです! デビューしましたー!」

【独自写真をもっと見る】「Aぇ! groupです! デビューしましたー!」 喜ぶAぇ! groupの写真はこちら

 拍手に満ちたフォトセッションの場に姿を現すや、佐野晶哉がピースをした両手を高く上げ、満面の笑みでそう叫び、あたたかな笑いとさらなる拍手が起こる。愛すべき“末っ子”の独走に、「ありがとうございます」と頭を下げながら入ってきたメンバーからすかさず指差しツッコミが入り、さらなる笑いが起きた。

 3月16日、京セラドーム大阪。2日間で累計10万人の観客を動員する、デビュー前グループの単独でのドーム公演に、関西はもちろん、東京からも多くのメディアが駆けつけた。そのAぇ! groupのファンミーティング「Aッ倒的ファン大感謝祭」で発表されたのは、「自分たちの言葉でみんなに聞いてもらおう」(末澤誠也)というメンバー5人が、自ら伝えたCDデビューだった。

 会見の場に並ぶ5人の顔に浮かんでいたのは、「幸せ」という思いが、裡(うち)からにじみ出ているような笑顔。

 ファンの前で伝えることができた気持ちを、リーダーの小島健は「気持ちいい。その言葉が一番合うんですよ」と満面の笑みで語った。「いままでの感情にはどれもなかった新しい感情でしたね。言葉にできないですね。でも何より、言えてよかったっていう安堵感があります。ほっとしています」

 3日前の3月13日に22歳の誕生日を迎えたばかりの佐野は、誕生日とデビューが同じ週に訪れたことに対し、「いや、2割ぐらい京セラでどっかで祝ってもらえるんかなーとか思ってた自分が恥ずかしいです」と笑わせる。即座に小島から「リハでやったやんか」、末澤から「当日も祝ったやん」の言葉が飛び、祝ってもらえたことを報告しながら、「すごい1週間ですね。22歳を迎え、一発目京セラに立てて、そこでデビュー発表できるっていうのは、忘れることない1週間で本当幸せです、いま」と思いを明かした。

 会場の京セラドーム大阪で幼稚園のときに初めて見たSMAPのライブが芸能界を目指すきっかけとなった末澤誠也は、「自分たちが単独で立たせてもらえるっていうのが感慨深いものがありましたね」「もう最高でしたね。噛みしめてました」と胸の裡を口にする。「やっぱ人多いなーと思って」とボケると、「人多いな」(佐野)、「そりゃそうやな」(草間リチャード敬太)と合いの手が入った。

次のページ
デビュー決定は「昨年の夏頃」