メイン画像

今日10日(日)は、関東から九州にかけて、晴れて空気が乾燥。各地でスギ花粉の飛散がピークを迎えているので、万全な対策を。九州ではヒノキ花粉にも注意。

今日10日(日) 各地で万全な花粉対策を

画像A

今日10日(日)は、九州から関東にかけて、広く晴れる見込みです。日差しがたっぷりで、空気が乾燥するので、花粉の飛散が多くなるでしょう。外出時だけでなく、帰宅時にも、洋服や髪の毛についた花粉をよく払うなど、家の中に花粉を取り込まないように、万全な対策が必要です。
九州では、スギ花粉だけでなく、ヒノキ花粉も飛び始めていますので、ヒノキ花粉で症状が出やすい方は、ご注意ください。

明日11日(月)以降 連日のように大量飛散

画像B

この先の花粉飛散予測をみますと、明日11日(月)も、日中は晴れる所が多いため、各地で花粉の飛散が多いでしょう。関東から四国では、「非常に多い」予想です。

12日(火)は雨の降る所が多く、花粉の飛散は抑えられそうです。ただ、13日(水)以降は、晴れて気温の高い日が多くなるため、関東から四国では、連日「非常に多い」予想です。東北でも「多い」でしょう。マスクやメガネなどでしっかりと対策をしてお出かけください。洗濯物は花粉をよく払ってから、取り込むようにしましょう。

スギ・ヒノキ花粉のピークはいつまで?

画像C

スギ・ヒノキ花粉のピーク予測をみますと、福岡はスギ花粉の飛散のピークを越えつつありますが、これからヒノキ花粉の飛散が増えて、来週以降にピークを迎えそうです。高松・大阪・名古屋、金沢は、来週にかけてスギ花粉の飛散のピークが続くでしょう。東京や仙台は3月下旬頃までピークとなる見込みです。来週は春本番の陽気となる日が多いため、万全な花粉対策でお過ごしください。

ヒノキ花粉のピークは、3月下旬から4月上旬の所が多いでしょう。仙台はヒノキ花粉の飛散量は少なく、はっきりしたピークは現れない見込みです。