メイン画像

この先も、度々、低気圧や前線の影響を受けるでしょう。「春に三日の晴れなし」ということわざがあるように、晴れの天気は長くは続かない見込みです。短い周期で天気が変わりそうです。日々の寒暖差も大きいでしょう。

26日~3月4日の天気

この先は、短い周期で天気が変わる見込みです。27日は、日本海側では気圧の谷や寒気の影響を受けるでしょう。北海道から東北の日本海側や北陸では雪や雨が降る見込みです。日本の東で低気圧が急発達するため、東北では暴風や高波、大雪に警戒が必要です。また、大陸から高気圧が張り出すため、関東から九州は、太平洋側を中心に、雲が多めながらも晴れ間がありそうです。28日は、高気圧に緩やかに覆われて晴れる所が多いでしょう。

29⽇から3月1日にかけて、低気圧が⽇本の南岸付近を発達しながら進む見込みです。北海道や東北は雪、北陸と関東から九州は雨が降るでしょう。2日は⽇本付近は⻄⾼東低の気圧配置となるでしょう。北海道や東北の日本海側、北陸で雪が降りそうです。

3⽇(ひな祭り)は、移動性の⾼気圧が⽇本の南に進む見込みです。太平洋側は晴れる所が多いでしょう。北⽇本付近は⻄⾼東低の気圧配置が続き、雪の降る所が多い見込みです。

この期間の最高気温は、東京などで15℃を超える日もあれば、10℃に届かない日もあるなど、日々の寒暖差が大きいでしょう。

3月5日~10日の天気

画像B

3月5日は広い範囲で天気が崩れるでしょう。6日にかけて、雨や風が強まりそうです。7日は太平洋側を中心に晴れますが、日本海側は雨や雪が降るでしょう。8日以降も、晴れたり雨が降ったりを繰り返しそうです。

この期間の最高気温は、平年並みか平年より高い日もありそうです。札幌は朝晩はまだ氷点下の日が続きますが、日中はプラスの気温になる日が多いでしょう。関東から九州は10℃を下回るほど寒くなる日はなさそうです。